【ダ・ヴィンチ2017年7月号】Cover Modelは、大野 智さん!

Cover Model 紹介

2017/6/6

【ダ・ヴィンチ2017年7月号】Cover Modelは、大野 智さん!

Cover Model 大野 智


時代小説のヒットメーカー・
和田竜原作の映画『忍びの国』が
7月1日に公開になる。
伊賀の忍びが織田信雄率いる大軍と
正面衝突した「天正伊賀の乱」を
もとに書かれた本作。
主演は、原作を読んだときから中村義洋監督の
イメージにあったという大野智さん。
伊賀一の忍び・無門をどう演じたのか。


そのまんまでいい、って
よく言われるんですけど、
それがいちばん難しいんですよね。

「最初に台本を読んだときは、
正直、忍者って本当にいたんだ!って思いました(笑)。
僕が忍者を初めて知ったのは、『ドラゴンボール』。
ムラサキ曹長っていう忍者が
分身の術とか水遁の術とかを使って、
悟空に戦いを挑んでいて。
こういうことができたらおもしろいなとは
子供ながらに思いましたけど、
その反面、嘘つけ!って気持ちもありました(笑)。
こんなのできるわけないじゃん、って。
だけど『忍びの国』は史実に基づいていて、
実際に、伊賀の忍者衆と織田軍が戦った記録も残っているんですよね。
人を人とも思わない、殺すことに罪悪感も覚えない、
人でなしの虎狼の族。
そんな人たちが存在していたなんて想像もつかないけど、
想像もつかないくらい大きな変化を経て
今の僕たちがいるんだと思うと、
感慨深いというか、エンターテインメントを
超えた深さが見えてきたりもしました」

中村義洋監督は、原作を読んだときから、
無門役に大野さんをイメージしていたという。
ナチュラルな演技はピカイチと評したとおり、
大野さんは画面のなかで無門そのものだった。
群を抜いて軽やかな体術も、いいかげんな性格も。
ふだんの大野さんも無門のような人なのではないかと、
つい錯覚しそうになるくらい。

「そのまんまでいいよ、って言われたんですけど、
自分がふだんどう見られているかなんてわかんないから、
そのまんまがどういうことかも、自分ではわからない。
そのまんまでいい、ってよく言われるんですけど、
いちばん難しいんですよね。
考えすぎると、その時点ですでにナチュラルじゃなくなってるわけだから。
ただ、表面的な役づくりはあんまりしなくていいのかな、というか、
むしろ変に気張ってつくりこまないほうがいいのかな、
と思ったので、猫背も直しませんでした(笑)」

 
■そんな大野智さんの選んだ一冊は……

kiseijyu.

『寄生獣 完全版』(全8巻)
岩明 均
講談社KCDXアフタヌーン 867円(税別)
 

ある日、体内に侵入したパラサイトに右手を喰われてしまった新一。意志をもって語り変形する「ミギー」のようなパラサイトが、人間に寄生して次々と人間を喰らっていることを知る。ミギーの気配をかぎとったパラサイトたちに次々と襲われる新一は、ミギーとともに応戦するも、その危険は身近な人たちにまで迫っていた。

「最初、ミギーは人間のことが全然わからないんですよね。生態としては理解するけど、誰かを守りたいとか、大事な人を殺されて許せないとかっていう感情が不思議でならない。新一を守ろうとするのも、新一が死ねば自分も死んじゃうからっていうだけだし。でも、ラスト近くでパラサイトの親玉みたいなのと戦うときに、ミギーは新一から分離してまで、彼を守ろうとする。新一のことを友達だ、脳を奪わなくてよかった、ってミギーが思うあたりのシーンが全部、マンガなのに頭の中でスローモーションで再生されて、なんか泣けちゃったんですよね。どうも、僕、友情ものに弱いみたいなんです」(大野智 談)

取材・文=立花もも