日本一危険な映画レビュー「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」が1冊の本に!

映画

2014/4/16

『皆殺し映画通信』(カンゼン/柳下毅一郎)  やった! 日本一危険な映画レビューのWebマガジン「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」がついに1冊の本になったぞ。  柳下毅一郎はJ・G・バラードやR・A・ラファティなどの異色SF作家の翻訳を手掛ける“特殊翻訳家”である一方、辛口の映画評論家としても知られている。最も有名なのは... 続きを読む