中村文則最新作は狂気に満ちた警察小説、“無意識の悪”が引き起こす連続殺人事件とは

文芸・カルチャー

2015/6/5

『あなたが消えた夜に』(中村文則/毎日新聞出版)  人間が一番に信じている「宗教」は自分自身だ。プライドとエゴの中で、自分が正しいと思うこと、大切にしたいことを重んじて、私たちは生きている。だが、人は万能ではない。強く信じていたはずのものが揺らげば、人はたやすく狂気へと傾いてしまう。  『去年の冬、きみと別れ』『教団... 続きを読む