名門校“ハロプロ研修生”の意義と既存グループへの期待 ―アイドル界の老舗「ハロプロ」が“今面白い理由”【後編】

芸能

2015/9/4

『Top Yell』(竹書房)  2010年前後からの“アイドル戦国時代”をふまえれば、現在、活躍するアイドル達の多くが憧れに据えるのも印象的なハロプロことハロー!プロジェクト。昨年後半からの大変革で新たな“面白さ”を感じさせてくれる中、雑誌『Top Yell』(竹書房)などで活躍するライターの小野田衛さんへ、その魅... 続きを読む