吉川晃司が明かす「下町ロケット」製作秘話―俳優生活初の試みとなる一風変わったセリフの覚え方とは

エンタメ

2015/11/28


 ドラマ「下町ロケット」の財前部長役で見せる唯一無二の存在感が話題の吉川晃司に、2015年11月24日(火)発売の『アエラスタイルマガジン』vol.29が単独ロングインタビューを敢行。とっておきの制作秘話や、日本のモノづくりに対する熱い思いを語っている。

財前部長の長セリフ、その覚え方も唯一無二
「もう、頭が凝ってガチガチですよ。すごいセリフの量とスピードで」――。インタビュー冒頭でこう漏らした吉川。「今季始まったドラマのなかで、財前部長のセリフがいちばん長かったらしい」と本人が明かしたとおり、確かにそのセリフの量は多い。その長セリフを吉川は、一風変わった方法で覚えているという。「いま、ほぼ毎日4キロぐらいプールで泳いでます。そこで、台本を全部シーリングしてもらって、プールサイドに置いて、泳いでは見てを繰り返して覚えている。水中で頭に入れるんです」。これは、長年の俳優生活のなかでも初めての試み。それぐらい、今回の役は難しくもあるのだろう――。

吉川が拒むものは、偽物であり、心の通わないモノ
「東日本大震災後、職人さんのプライドとか心意気が込められているものに対して、より愛おしいと思うようになった。『下町ロケット』でもそうだけど、最新鋭のコンピュータ制御の機械といったって、人間の技にはかなわないんですよ」。伝統と文化が長い時間をかけて育んできたモノ。吉川は、そんな本物に傾倒している――。

刺激を渇望しながら、前へ前へと突き進む
2016年6月からはライブツアーも控える吉川。すべてに全力で向かう彼にとって、心身をいかによい状態に保ち続けるかが課題。「人間、余裕があると怠惰になるでしょ。自分なんてほんと面倒くさがりやで、特に50歳も過ぎてくると、どうしてもダラっとしてえな、となってくる。なので、たとえば、少々大変でも、こうやってドラマをやっていると、集中力を保つこと、つくることをずっと意識していられるし、運動量も増えるでしょ。僕は、何かいつもよりちょっと頑張ろう、という緊張した状況に身をおかないとダメなんだと思っています」――。

 「服は己を最初に表現するもの――」。そう語る吉川の所作は、実に凛々しい。(『アエラスタイルマガジン』vol.29より)


■『アエラスタイルマガジン』vol.29
価格:900円(税込)
発売日:2015年11月24日(火)
出版社:朝日新聞出版