ダイエット中でもお酒OK! 痩せる“糖質オフおつまみ”レシピ 【から揚げ、チーズグリル、ベーコンエッグ】

食・料理

2016/1/25


『10分で作れる!やせるおつまみ』(金丸絵里加/エイ出版)

 お正月もあっという間に過ぎ1月も後半、世間はすっかり通常モードに。ただ、お正月太りの体型だけは戻らずに「ダイエットをせねば!」と誓っている人も多いのでは? とはいえ、ダイエット中の苦痛の1つが「大好きなお酒を控えること」。楽しみを我慢してまでのダイエットほど辛いものはありません。

 しかし! あることさえ心がければ、大好きなお酒を楽しみながらダイエットすることが可能なんです。それはズバリ、「糖質オフな料理を食べること」! 『10分で作れる!やせるおつまみ』(金丸絵里加/エイ出版)は、糖質オフなおつまみだけを紹介した1冊。お酒を飲みながら上手にやせるためには、摂りすぎると中性脂肪になり、肥満につながる糖質をオフするのがコツなんだとか。逆に、糖質量が少なければ、肉も魚もチーズも食べてOK! ということで、俄然ダイエットのやる気がUPしてきませんか? しかも、本書では食べたい時にすぐ作れるように、全てのメニューが10分以内で作れるので、お酒好きだけでなく、忙しい人の献立にもきっと役立つはず。今回はこの中から、ダイエット中であれば控えたくなりそうなレシピなど3品を実際に作ってみました。

1、ささみと青じそのから揚げ(P.19)

 細切りにしたささみ、塩昆布、片栗粉をボウルに入れてよく混ぜ、そこにせん切りにした青じそを加えてさっくりと混ぜます。これを一口大に丸め、フライパンで揚げ焼きすれば完成です。

 ダイエット中だとやっぱりささみかぁと思うなかれ。たっぷりの塩昆布と青じそを混ぜ込んで揚げていることで、しっかりした塩気がある味に。また、つなぎに片栗粉を使っていることで弾力があり、少量でもかなり食べ応えがあるおつまみでした。しっかりお肉を食べても188kcalと、低カロリーなのが嬉しい!

2、にんじんのチーズグリル(P.45)

 薄切りにしたにんじんに塩とクミンパウダーをまぶします。これを、バターを熱したフライパンに並べ、ふたをして5分ほど焼きます。ふたを取り、最後にチーズを全体にまぶし、溶けてカリッと焼ければ完成です。

 チーズは太ると思っている人も多いと思いますが、実は糖質量が少なく、濃厚でうまみが強いため、少量で満足出来る“やせる食材”なんだとか。そんなチーズが、熱したことで甘さが増したにんじんと絡んで美味しい!普段あまり積極的ににんじんを食べない息子がパクパク食べてしまうほどで、家族みんなが喜ぶ一皿でした。カロリーは113kcal。

3、変わりベーコンエッグ(P.53)

 お皿に、厚めに輪切りにしたゆで卵と、カリカリに炒めたベーコンをのせ、そこにプレーンヨーグルトとバルサミコ酢を合わせたソースをかければ完成です。

 卵は必ずと言って良いほど冷蔵庫に常備されていて、かつ、栄養価も高いので、ダイエット中でもしっかり摂っておきたい食材です。今回はゆで卵にちょっとオシャレなソースをかけます。ヨーグルトとバルサミコ酢の酸味が上手い具合にマッチして、お皿全体の味をぎゅっと引き締めてくれました。ワインにとっても合いそうなおつまみです。カロリーは147kcal。

2016年は無理せず賢くダイエット!
ダイエットというと、どうしてもあれもだめ、これもだめと、制限することを優先してしまいがち。結果として楽しみがなくなり、続かなかったりします。でも、2016年は「糖質オフ」を心がけて、好きなものを楽しみながら賢くダイエットしてみませんか?

文=JUNKO