たった3秒で「腰痛」が治る! 腰痛の原因はあなたの◯◯にあった!テレビで大反響の最新治療法とは?

健康

2016/8/4

たった3秒で脳も体もリセット

 今、腰が痛い人も、腰痛を予防したい人も取り組んでほしいのは、「基本のこれだけ体操」である。慢性腰痛持ちの人は背中を「反らして3秒保つ×10回」から始めること。

※注意点
・お尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みやしびれを感じた場合は中止すること
・腰を反らしたときに10秒以上、痛みの余韻が残るようなら、骨盤を押し込む負荷が強すぎるので、弱くすること
・10分経っても痛みが引かないなら、体操は行わず病院で検査を

 長い間、腰をかばう姿勢を取ってきた人にとって、体操を始めることは、腰や背中の筋肉が緊張し、最初は敏感に痛みを感じてしまうかもしれない。けれどゆっくりで大丈夫だ。

 また体操を行う前に、自分が「どれくらい前屈できるか」「前屈で腰痛を感じるか」をモニターするといい。腰を後ろに反らすのは、恐ろしくても、前に屈むことは多少はできるだろう。そして体を後ろ反らしにした後は、腰回り全体が柔らかくなっており、前屈の加減も体操後は変わってくるだろう。体操後に前屈の距離 ややりやすさを実感できるなら、この体操があなたに合っているということだ。回数を重ねるごとに骨盤への押し込みを強め、反らす角度を少しずつ大きくしていくと効果的だ。

 腰痛の予防効果がある「これだけ体操」には、上記の腰を反らす以外にも、横バージョンや座ったままできる体操のほか、ギックリ腰になった時の緊急対策として「ギックリ腰体操」も掲載されているのでぜひ本書を手に取って実践してほしい。

 大切なのは腰痛の“借金を返済”すること。体操は過剰な恐怖心にとらわれた「脳をリセット」する。それと同時に、前かがみ・猫背になりがちな現代生活から来る、“腰痛借金”を取り去る作用があるのだ。

 すでに腰痛持ちだという人も、これから予防したい人も。たった3秒から始められる体操で、腰痛と無縁の人生を送ろう!

文=武藤徉子

・カラダの不調を改善する、おすすめ記事!
1日1回45秒!「肩こり・腰痛・むくみ・イライラ」を改善する、“やわらかせなかメソッド”
たった1分で「耳が悪い」を改善! 人気の治療院院長による奇跡の聴力回復法「耳シェイク」とは?