就職して正社員になることだけがゴール? 元「ひきこもり相談員」で現「ニート」が明かす、“ひきこもり・ニート”の現実

社会

公開日:2016/10/25

 増え続けるひきこもりの現状に切り込んだ問題作『ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法』が2016年10月12日(水)に発売された。

 同書の著者は、精神科カウンセラーの後に公的機関で「ひきこもり相談員」として従事していた伊藤秀成。現在は現場を離れ、自身も「ニート」状態となっている。立場を捨てた今こそ、ずっと言えなかった、ひきこもり・ニートと就労支援の現状について鋭く指摘する。

 これまで多くのひきこもりを見てきた同氏は、はっきりと確信している。ひきこもりにとって、「就職なんて無理ゲー」だと。実際、同氏が従事していた「ひきこもり相談員」の現場では、「ひきこもりとニートの99%は就労出来ない」が常識だそうだ。

advertisement

 きっと、多くの人が「ひきこもり・ニート脱出」と聞いて思い浮かべるプロセスは、「正社員として働き、経済的に自立する」というものだろう。しかし同氏が、そのようなプロセスでしっかりと自立していった者と出会ったのは、たった一度だけだったそうだ。働く意欲があっても「正社員」のハードルが高く、非正規の雇用では、継続した自立生活を送ることは難しい。そして、そもそも働く意欲が無いなんて人も一定の割合で存在するのが現実だ。

 そこで同氏は一つの結論にたどり着いた。「だったらそんな“無理ゲー”とっとと降りてしまえばいい」。

 確かに、ひきこもりやニートの子どもを持つ親御さんが、我が子に就職して欲しいと願うのは当然のこと。支援者側も、一人でも多くの若者を就職へと導きたいと考えてしまうのは仕方のないことかもしれない。しかし、そうやって「就職」という一つのゴールだけにとらわれているから、誰も幸せになれない現状があるのだ。

 同書では、伊藤が実際に行っている株式投資の例を具体的に紹介し、働くことが難しい人でも、ひきこもったままで幸せになれる方法を提示している。絶望するくらいなら、同書を読んで欲しい。家から出ることを諦めたって、人生を諦める必要はないのだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍ほか

ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法

著:
出版社:
雷鳥社
発売日:
ISBN:
9784844137085