京極夏彦史上最長計1,900枚の超大作を一気読み!『虚実妖怪百物語 序・破・急』が電子合本版で配信決定

文芸・カルチャー

2016/11/14

 2005年に公開された映画「妖怪大戦争」製作時の未発表プロットをふくらませて書かれた、京極夏彦の最新作『虚実(うそまこと)妖怪百物語』序・破・急計3巻が、2016年10月22日(土)より3週連続で刊行された。そして11月12日(土)には、3巻を一冊にまとめた電子合本版『虚実妖怪百物語 序・破・急』が配信された。

 本書は京極作品の中でも史上最長の1,900枚という超大作だ。

 2005年公開の映画「妖怪大戦争」製作プロデュースに参加した際、自身が創作した未発表プロットをふくらませて書かれており、見えるはずのない妖怪が見えるようになってしまった現代を舞台に、日本滅亡を目論む魔人と対決する、いわば京極版の“妖怪大戦争”ともいえる。

 「目に見えないモノが、ニッポンから消えている!」 妖怪専門誌『怪』のアルバイト榎木津平太郎は、水木しげるの叫びを聞いた。だが逆に日本中で妖怪が目撃され始める。そして、魔人・加藤保憲(かとうやすのり)らしき男も現れ…。

 作中には、作家・荒俣宏による大作『帝都物語』のキャラクターで、映画「妖怪大戦争」にも登場した魔人・加藤保憲が登場。また、榎木津(えのきづ)というどこかで聞いたことがある名字の青年、さらに、漫画家・水木しげる、作家・荒俣宏、京極夏彦、編集者、妖怪専門誌『怪』関係者と“とても良く似た”キャラクターが多数実名で登場することも読みどころの一つとなっている。

 とにかくボリューム満点の超大作に存分に浸って、読む幸せを感じてほしい。

※掲載内容は変更になる場合があります。