アニメ「昭和元禄落語心中」展覧会の内容にファン大興奮!「これは見ないと落語心中ファン名乗れないレベル…行かなきゃ」

マンガ

公開日:2016/12/17

 「昭和元禄落語心中展」が2017年1月17日(火)から23日(月)にかけて銀座三越で開催される。アニメ「昭和元禄落語心中」の粋で艶やかな世界観を堪能できる企画が盛りだくさんで「こんなん遠征してでも行くにきまってるでしょ!」と注目を集めている。

 アニメ「昭和元禄落語心中」は、2016年1月の放送開始直後から、原作が持つストーリーの魅力や、豪華声優陣による演技が話題となり好評を博した落語アニメ。同展では原作コミックの表紙イラストをはじめ、カラー原稿や連載時の漫画原稿、ネームノートなど、なかなかお目にかかれない品々が展示されるということで「これは見ないと落語心中ファン名乗れないレベル…行かなきゃ」「ネームノートとか先生それ出展しちゃっていいんですか!?」とファンは興奮を隠せないもよう。

 さらに2016年1月21日(土)には、原作者・雲田はること声優の林原めぐみ、芸人であり学者のサンキュータツオによるトークショーを開催。「昭和元禄落語心中」の魅力について大いに語られるということで「落語心中の林原さんの演技は圧巻だったなぁ…どんな話が聞けるか気になる!」「林原さんのイベントとか凄いレア! 落語心中ありがとう」と反響が上がった。また、同日には雲田のサイン会も行われるので「21日盛りだくさんだな! これは東京日帰りかな?」「先生のサイン会もあるのか…俺はこの日に参加しよう」と予定を合わせる人も。

 他にも、今回の企画展の為に特別編成されたバンドによる、アニメの名シーンでかかる劇伴のライブ演奏が1月20日(金)に行われ、22日(日)には一日限りのスペシャル寄席「ぎんみつ寄席」が登場するなど、どの日程もイベントが盛りだくさんなので「地方民だけどこれは泊りがけ確定です」「東京へ遠征するしかないやつか」といった声が上がるなど盛り上がりを見せている。同展は7日間にかけて開催されるので、東京観光も兼ねて遠征してみてはいかがだろうか?