『進撃の巨人』舞台化決定!「ちょっとした衝撃体験になりそうな予感」と舞台ならではの演出に期待の声

マンガ・アニメ

2016/12/14

    img01.jpg
    (C)諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会

 単行本の累計発行部数が6,000万部を突破した大人気漫画『進撃の巨人』が2017年夏に舞台化されることが明らかとなり、ファンから「かなり迫力ある舞台になりそう!」と期待の声が上がっている。

 男女問わず広い層から熱い支持を集めているファンタジーバトル作品『進撃の巨人』。2016年12月9日(金)に公開された公式サイトには「轟音。爆風。蒸気。血飛沫。誰も見たことのない表現で、誰も味わったことのないスケールで、巨人が、兵団が、あの戦いが、あの悪夢が目の前に現れる」と刺激的な文句が並ぶ。さらに「紙や映像だけでは喰われ足りなかった者達へ」という言葉が添えられ、舞台ならではの空間を使った表現にこだわっていることが窺える。

 これに原作ファンからは「血飛沫とか爆風とか、舞台でやったらすごい臨場感ありそう!」「巨人が原寸で出てきたらビビるわ!」「色んな舞台あるけど進撃はハマりそう! 巨人の表現とか、食われるシーンとかすごい興味深い」「ちょっとした衝撃体験になりそうな予感…めっっっちゃ楽しみ!」といった声が上がっている。

 漫画原作の舞台としては『テニスの王子様』のミュージカル、通称「テニミュ」が高い人気を誇り、『ハイキュー!!』の舞台「ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!」シリーズも熱いファンを獲得している。果たして『進撃の巨人』はどんな演出で観客を魅了してくれるのか、来年の夏が待ち遠しい。

■ライブ・インパクト「進撃の巨人」
公演日:2017年夏
⇒ライブ・インパクト「進撃の巨人」公式サイト