『はいからさんが通る』新装版発売に歓喜の声! 1巻に大和和紀×山岸凉子対談、2巻には安野モヨコによるスペシャル解説も収録

アニメ・マンガ

2016/12/18

 2016年12月13日(火)に伝説的ラブコメ少女漫画『はいからさんが通る』の新装版が発売された。美しい表紙に往年のファンはもちろん、同作を読んだことのない層からも反響の声が上がっている。

 『はいからさんが通る』は1975年に『週刊少女フレンド』にて連載がスタートした大和和紀による作品。大正時代に生きる17歳のおてんば娘・花村紅緒が、許嫁の陸軍少尉・伊集院忍に嫌々ながら引き合わされ、騒動を起こしながらも次第に距離を縮めていくという物語。ドタバタコメディと胸キュンの展開が好評を博し、シリーズ累計1,200万部を突破する大ヒット作となった。

 新装版は全8巻が予定されており、12月より4か月連続で刊行される。今回発売された1巻の表紙には、目をキラキラさせた紅緒と、バラの香りにうっとりとしている伊集院の美しい姿が描かれ、2巻にはレトロな街灯の立つ通りを歩く無邪気な表情の紅緒と、その後ろをついて歩く凛々しい軍服姿の伊集院の姿が描かれた。

 大正ロマンを感じさせる美しい表紙は「はいからさんって名前は聞いたことあったけど、こんな素敵な絵だったとは! 思わず買ってしまったわ」「むっちゃオシャレな表紙の漫画見つけて買ったら母さんも買ってたwww」と、同作をこれまで読んだことがなかった若者のハートもがっちりキャッチした模様。

 また、1巻には大和と山岸凉子の対談が、2巻には安野モヨコによるスペシャル解説が収録されている。「大和先生と山岸先生の対談が贅沢すぎて鼻血出そうになりながら読んでる」「モヨコ先生の解説、愛が溢れてるわ~!」とファンからは大満足の声が上がっている。

 2017年には「劇場版 はいからさんが通る ~紅緒、花の17歳~」の前編・後編が公開される予定となっており、こちらも期待の声があちこちで続出中。2017年は新装版、劇場版を満喫できる“はいからさんYEAR”になりそうだ。

■映画「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」
公開:前編・後編ともに2017年公開予定
原作:大和和紀
監督・脚本:古橋一浩
出演:早見沙織、宮野真守 ほか
⇒映画「劇場版 はいからさんが通る」公式サイト