噛めば噛むほど味が出る“クドカンワールド”を旅する! 思いがけない発見がある名ゼリフの数々

エンタメ

2017/2/10

『クドカンの流儀 宮藤官九郎論 名セリフにシビれて』(井上美香/言視舎)  脚本、舞台演出、映画監督、俳優、ミュージシャン、作詞、作曲、放送作家、濡れ場評論家――どれもジャンルが異なる仕事だ。しかし、これらを一人でこなしている男がいる。そう、宮藤官九郎こと“クドカン”だ。  彼が作り出す作品のひとつひとつに独特の世界... 続きを読む