『キノの旅』初のコミカライズ決定にファンから祝福の声

アニメ・マンガ

2017/3/1

    img01
    『キノの旅XX the Beautiful World』(著:時雨沢恵一、イラスト:黒星紅白/KADOKAWA)

 ライトノベル作家・時雨沢恵一の代表作『キノの旅 the Beautiful World』が、シオミヤイルカによってコミカライズされることが明らかとなった。初のコミカライズとあって「やっと漫画化するのかー! 読むの楽しみすぎ!!」「シオミヤさんなら安心して読める!」と歓喜の声が上がっている。

 『キノの旅』は2000年より刊行されているシリーズで、主人公・キノが言葉を話す二輪車・エルメスと共に様々な国を旅する物語。現在20巻まで発売されており、アニメ化やゲーム化もされる人気作品だ。今年で17周年となる同作だが、コミカライズは今回が初めて。そのため「中学の時に読み始めて今やアラサーだけど漫画版楽しみにしてます!」「あれ!? コミックまだだったっけ!? 超うれしいおめでとうございます!!」と、長年のファンから祝福の声が多く上がった。

 コミカライズを担当するシオミヤには「シオミヤイルカさんじゃないっすか!!」「なんか聞いたことある… と思ったら人間試験のお方!読みます!!」といった反応も。シオミヤは以前、西尾維新の『零崎双識の人間試験』のコミカライズも手掛けており、これがラノベファンの間で大好評。今回のコミカライズにも「零崎一賊の次はキノか、楽しみ」「キノ未読だけどシオミヤイルカなら読んでみたい」と期待が寄せられている。

 ファンも待ちに待った本編のコミカライズ。連載は3月17日(金)発売の『少年マガジンエッジ』4月号(講談社)よりスタートする。発売を心待ちにしていよう!