『週刊少年サンデー』に声優・山口勝平のインタビューが掲載されファン歓喜「インタビューだけでも5回くらい読み返した」

アニメ・マンガ

2017/3/26

    img01
    『週刊少年サンデー』17号(小学館)

 高橋留美子作品の単行本発行部数が全世界累計で2億冊を突破したことを記念して、声優の山口勝平が2017年3月22日(水)に発売された『週刊少年サンデー』17号に登場。ファンからは「かっぺーさんきたあああああ!」「山口勝平といえばるーみっく作品だよな!」との声が上がっている。

 山口勝平はアニメ「らんま1/2」の早乙女乱馬(男)役で初主演を果たし、アニメ「犬夜叉」の犬夜叉役や「境界のRINNE」の六道鯖人役など数々の高橋留美子作品を原作としたアニメに出演。

 今回の『週刊少年サンデー』ではそんな山口が“るーみっく声優”の代表としてインタビューに応じている。同インタビューはるーみっく作品累計発行部数2億冊突破のお祝い企画ということで、高橋との初対面の様子や、「らんま1/2」で初主演に抜擢された当時の心境、「犬夜叉」のオーディション秘話などが語られた。特に「らんま1/2」出演時には、もともと山口が幼い頃から高橋作品のファンだったこともあり、並々ならぬ思いがあった様子。

 これらのインタビューに読者からは「犬夜叉へのこだわりが凄すぎる! たしかに妖怪になったり半妖になったりで忙しそうな役だったなぁ」「かっぺーさん高橋留美子と食事するのか! 羨ましすぎる!」との声が上がった。

 高橋の作品以外でも「名探偵コナン」の工藤新一、怪盗キッドや「ONE PIECE」のウソップなど、今や国民的な人気キャラクターを演じている山口。今回のインタビューでは彼の声優キャリアのルーツともいえる部分にも触れられているので、「インタビューだけでも5回くらい読み返した… なかなか本編に進まん」との声もあるようにファンには必読の内容となっている。