瑛太×大根仁で弘兼憲史『ハロー張りネズミ』実写化に期待の声! 深田恭子、森田剛、山口智子ら豪華キャスト陣集結

エンタメ

2017/3/28

    img01
    『ハロー張りネズミ ベストセレクション』3巻(弘兼憲史/講談社)

 探偵事務所を舞台にした人気漫画『ハロー張りネズミ』が2017年7月よりドラマ化されることが決定した。主人公には瑛太を迎え、相棒役をV6の森田剛が務めるとあり、SNS上では「この2人のタッグが見られるとかたまんない!」と興奮の声が上がっている。

 原作は、『島耕作』シリーズで知られる弘兼憲史が1980年から『週刊ヤングマガジン』にて連載した同名作品。人情ものやサスペンス、超常現象にいたるまで幅広いテーマを扱い大人気を博した不朽の名作だ。物語は、「ハリネズミ」と呼ばれる一風変わった探偵・七瀬五郎が仲間と共に様々な難事件に挑んでいくという内容。

 ドラマ化で注目したいのはなんといっても豪華な制作陣。脚本・演出を務めるのは、これまでドラマ「モテキ」や映画「バクマン。」など話題作を手がけてきたヒットメーカーの大根仁が務める。さらにキャストは瑛太、森田の他、深田恭子や山口智子など豪華な面々が揃った。

 この布陣には否が応にも期待値が上がる。ファンからは「大根さんにこのキャスティングとか、恐ろしいくらい面白そう!」「瑛太と剛くんの探偵コンビってそそることこの上ない」「大根さんって聞いて嬉しくなって、キャスト聞いたらもうドキドキが止まらないんだけど」と興奮の声が続々。

 ドラマ化に際して大根は「毎回ジャンルが違い、同じドラマとは思えないびっくり箱のようなドラマになると思います」とコメント。主演の瑛太は五郎役を演じることについて「僕自身バカでスケベなところも含めて原作のキャラクターに非常に共感しているので、特に役作りはせず楽しみながら撮影に臨みたいです」と意気込みを語っている。そして森田は瑛太と初共演で相棒役と言うことで「役柄同様、良き相棒として全力でサポートしていきたいと思います」と真摯なコメントを寄せた。

 ヒットメーカーの大根と、瑛太や森田らが作り上げる同ドラマ。どんな刺激的な化学反応が起こるのか、放送が待ち遠しい!

■ドラマ「ハロー張りネズミ」
放送開始:2017年7月
放送日時:毎週金曜 22:00~
放送局:TBS系
原作:弘兼憲史
脚本・演出:大根仁
出演:瑛太深田恭子、森田剛、山口智子
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/