佐藤健&土屋太鳳W主演映画『8年越しの花嫁』コミカライズオーディション開催!

マンガ・アニメ

2017/3/28

    img01

 奇跡の純愛実話『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』の映画化を記念し、2017年3月24日(金)から、コミカライズを担当する漫画家のオーディションが開始された。

 映画「8年越しの花嫁」は、結婚を約束した1組のカップル・尚志と麻衣が主人公。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3カ月前に突然の病気が麻衣を襲い、一時は心肺停止、その後も昏睡状態に。いつ目が覚めるか分からない状態に、麻衣の両親からは「もう他にいい人を見つけたら」と言われるが、尚志は諦めず回復を祈り続ける。その後麻衣は徐々に意識を取り戻すが、記憶障害により尚志の記憶を失ってしまっていた。大きなショックを受けながらも尚志は麻衣のもとに通い続け、ついに8年後、奇跡が訪れるというストーリー。監督に瀬々敬久、ダブル主演に佐藤健土屋太鳳を迎え、2017年冬に公開予定だ。

 オーディションの対象となるのは、原作著書『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』をネーム化した作品。グランプリ受賞者には映画内容も合わせたコミック用の原稿を描く権利が贈られる。

グランプリはメジャー連載&コミックス化!
■募集概要
『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』の中から、好きなシーンを15~25ページ前後でネーム化したもの。プロ、アマチュア、メジャー、インディーズ問わず誰でも応募可能。

■受賞内容
・グランプリ(対象者1名)
マンガ投稿サイト「コミカワ」にてメジャー掲載(映画内容も合わせたコミカライズを担当)
コミックス化の確約(出版印税の支払い)
・準グランプリ(対象者1名)
賞金100,000円
・佳作(対象者3名)
賞金30,000円

■審査員
コミカワ編集長、コミカライズ編集担当、映画プロデューサー、書籍『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』編集担当など

■オーディションの流れ
・募集期間
2017年3月24日(金)~4月下旬を予定
・結果発表
2017年5月予定(日時については、随時コミカワサイト、公式Twitterで公開)
・受賞後の流れ
グランプリ受賞者は結果発表後、今後のスケジュールを打ち合わせ次第原稿作業へ
・コミックについて
原稿完成締め切り:2017年10月には原稿完成
発売時期:2017年11月~12月予定
巻数・ページ数:全1巻、160ページ前後を想定(相談の上決定)

    img02

応募の詳細について:https://comicawa.com/Hachinengoshi

■映画「8年越しの花嫁」
出演:佐藤健土屋太鳳
監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
公式サイト:http://8nengoshi.jp/
(C)2017「8年越しの花嫁」製作委員会

※掲載内容は変更になる場合があります。