アソコを見たら「○○ですね」、終わったら「ありがとう」。伝説のAV監督・村西とおるが語る正しい女性の褒め方とは?【前編】

エンタメ

更新日:2017/7/2

■前科7犯。懲役370年。伝説のAV監督のトークショー

「お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師、村西とおるでございます。本日は、ようこそいらっしゃいました。これから1時間少々でございますけれども、みなさまとご一緒に人生の思い出づくりに、命の洗濯をしてまいりたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。ナイスですね」

 この登場の挨拶に、会場からは割れんばかりの拍手。「セールスマン時代からの習慣」という丁寧な言葉づかいには、貴族のような気品すら漂うが、ご存じ、村西とおる氏は“ハメ撮りの帝王”と言われたAV監督だ。

 顔射と駅弁の生みの親。背負った借金は50億円。前科7犯。米国で逮捕された際、突き付けられた求刑は懲役370年。経歴と逸話を並べただけで「ホントにそんな人いるの?」と疑いたくなる村西監督が、この日は『村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます』(PARCO出版)の刊行を記念して、紀伊國屋書店 新宿本店でトークショーを開催!

 その様子をノーカットでお届け……したいのだが、あまりに危険すぎる話題も多かったので、美味しいところを抜粋でレポートしよう。

 

終わったときは「ありがとう」。そして「ナイスですね」と女性を褒める。

 まずはトークショーの序盤。観客席の男性から「今も女の子にクンニはしますか?」とすごい質問をぶつけられ、「『オ◯◯コ』って言うのは『おしんこ』ぐらいにしてくださいよ、と紀伊國屋の方に言われているんですから」と苦笑いした後の、村西監督の回答。

村西とおる氏(以下、村西) ク○ニなんていうのは、もう当然することなんですね。それよりもまず、SEXをする私たち男性が気を付けるべきことは、「ああ、この人と交わってよかったなあ」と思ってもらうことでございます。

 男はいつも、ありがとうの心を持つこと。終わったときは「ありがとう」。そして「ナイスですね」と女性を褒める。女性を褒めるということは、男にとっては絶対的に必要なマナーでございます。褒め言葉というのは、女性にとっては水や空気、食べ物と一緒です。人は1週間も食べないと死んじゃうでしょう? 褒め言葉もそうなのよ。だから、必ず褒めること。

 男たちもそうでしょ? イタしているとき、「どうだ、感じるか? 今までで何番目か」って聞いて、「そうね。47番目」と言われたら、「え? 赤穂浪士でもあるまいし」とガックリきちゃうでしょう。「こんなの初めて」「すごいわ。鉄棒みたい」と言ってもらえて、初めて極まる。これは、女性に褒められているんです。それなのに、自分は褒めない。なんてかったるい、恥ずかしい。これはおかしいんです。

 相手に褒められることばかりを要求し、自分はまったく褒めていない。それがダメな男のセックスの実態なのだ! そして、「じゃあ『ナイスですね』はいつ言えばいいのか」という話に。

村西 それは、女性のアソコを見たときです。女性は「お手入れ不足と思われるんじゃないかしら」「ラベンダーの匂いじゃないんじゃないかしら」「使い込んでるって思われたくない」などと心配している。でも何も言えないから、ドキドキしながら待っていて、ただ相手に任せるしかない。

 そのときにパッと「ナイスですね」。そうすれば女性は「この人は、何もかもひっくるめて、私を言葉で抱きしめてくれた」と思うんです。「ナイスですね」という言葉は、そういうふうに使ってください。

 

信用があるから50億の借金ができた

 と徐々に話は脱線。その後は、50億円という借金を背負い、それを完済した監督に、借金者の心得を伺いたい……という話に。

村西 要するに借金というのは信用なんです。私は50億の借金をしましたけれど、その当時のAV業界で、50億の借金をできるような人は1人もいなかった。私は倒産もいたしましたけど、みんな倒産しようがないの。借金ができないんだから。だからビルも建てられない。私は3つ建てましたよ。

 村西監督は50億円の借金を完済した後も、20億円を借りていた人に5億の借金を申し入れ、二つ返事で「いいよ」と言ってもらったそう。そのとき監督は、「借金を返すっていうのは、信用を貯金することなんだ」と気がついたという。「あなたに信用力があるから、それだけ借金ができているんだよっていうふうに思ったほうがいいですよ」とアドバイスを送りつつ、監督はこう続ける。

村西 人間関係は難しいこともありますが、捨てる神あれば、拾う神もある。絶望することはまったくありません。

 もし観客のみなさまに、絶望したり失望したり、気落ちしている方がいらっしゃるとしたら、「絶望する必要は何もない」と申し上げたい。ネガティブになっても、良いことなんて1つもありません。明日も生きていかなきゃいけないんだから。あとはね、もう運を天に任せて生きていくしかないんですよ。

 

人間に死はない。だから、絶望しようがないのですよ

 そして村西監督は、「人間は死なない」という話を始める。村西監督は5年ほど前、医師から「1週間以内に100%死ぬ」病気であると勧告され手術。一命を取り留めるも、死への不安もあり睡眠薬や精神安定剤に頼るようになり、精神的におかしくなってしまったそう。

 しかし、紹介された日本有数の医師に、「絶対に、絶対に、絶対に、監督を私は救います。監督は、命がなくなるようなことはありません」と言われ、フッと憑き物が落ちたように元気になれたそう。その先生は、さらにこう続けたそうだ。

村西 「私は三千数百人の人の死んでいく姿を看取ってきました。でも、1人として『もう駄目だ』と言って死んでいった人はいません。みんな、『きっと今日より明日は良くなる』『必ず私は元気になれるんだ』と思って闘病している。口では『もう駄目だ』なんて言っているけど、誰1人として絶望している人はいませんでした。だから私たちも、『頑張ってください。必ず良くなりますよ。絶対良くなりますよ』と、医者が言っちゃいけない「絶対」という言葉も言うんです。そういう希望の中で、みなさんはお亡くなりになっていく。何故その人たちを絶望の淵に追いやって、あの世に逝ってもらわなきゃいけないのか。私たちのDNAには、『あきらめない。絶対良くなるんだ。きっと必ず』というものが組み込まれている。だから、絶望しようがないんですよ」

 絶対にあきらめない。必ず良くなると信じる。何かに失敗したとき、落ち込んだとき。この姿勢を持っていれば、早く立ち直り、村西監督のように前向きに人生を生きていけるようになるはずだ。

 なお、その後に監督は、古代ギリシアの哲学者・エピクロスの本と出会い、そこで「人は死なない」という確信を深めたという。

村西 「人間に死はない。人類で過去に死んだ人間は1人もいない。なぜならば、人間は自分の死を見ることができないから。見ることができないということは、ないのと同じだ。だから、あなたには死はない。ないものを恐れるって、こんなナンセンスなことはないでしょう。あなたは死ぬ瞬間さえ分からない。なぜならば死なないから……」というようなことが書いてあった。この文章にはとても励まされました。「あー、そうか」と。「死ぬ瞬間」なんていう本などが出ていますが、考えてみれば、自分の死の瞬間が分かるなんて、何千億の金を積んでもあり得ない。そういう宿命の中に生きているということは、絶望しようがないのですよ。

 50億の借金を背負い、命の危機にも直面してきた村西とおるは、そうやって前を向き、今も生きているのだ。

【後編】職質やホームレスに間違われるのは慣れたもの。前科7犯、370年の懲役求刑…「俺のは下から出る」村西とおるが誇るAVの素晴らしさ

取材・文=古澤誠一郎 写真=内海裕之

この記事で紹介した書籍ほか

村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます

著:
出版社:
パルコ
発売日:
ISBN:
9784865062205