『ダイの大冒険』LINEスタンプ登場に大反響 「懐かしさのあまりさっそく使いまくってる」

アニメ・マンガ

2017/9/18

 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年を記念して、同誌に連載されていた『DRAGON QUEST-ダイの大冒険-』のLINEスタンプが登場。名言・名場面が再現されているが、「使いどころがわからんwww」と話題を呼んでいる。

 同作は1989年から1996年にわたり『週刊少年ジャンプ』に連載。堀井雄二監修のもと「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観や設定をアイデアにしたオリジナル漫画で、原作を三条陸が務め作画を稲田浩司が担当した。

 スタンプには主人公のダイを筆頭に、ポップやマァム、アバンなど旅の仲間から強敵・宿敵まで懐かしの面々がずらりと登場。再現されたセリフにはダイの「勝負だ!」「すげえや!」「ごめん」といったものや、ポップの「やったぜ!」「さあ行こう!」というものなどさまざまな種類が並ぶ。

 中にはスタンプに登場しながら、攻撃を受けたシーンばかりのクロコダインや、大魔王バーンの「今のはメラゾーマでは無い…」「メラだ…」といったものまで含まれている。“ネタ枠”としか思えないスタンプに、ファンからは「ク、クロコダイーーーン!」「クロコダインやられてるスタンプしかないじゃん」「バーン様使いどころなさ過ぎて」「『今のはメラゾーマでは無い』『メラだ』とかどこで使うんだよwww」と総ツッコミ。

 それでも、20年以上前に大ヒットしたマンガのスタンプ登場にファンは喜びを隠しきれないようす。「即買い案件」「バーンの『メラだ』だけで買う価値はある!」「どのシーンか分かる人と送りあいたい」「懐かしさのあまりさっそく使いまくってます」「ああ、当時惚れた女性キャラがいっぱい…」という声が続出。スタンプは全40種類と豊富だが、名シーンを数多く残した人気マンガだけあって「名セリフだらけで面白い! 第2弾も作ってほしい!!」と早くも続編を望む声も上がった。

 友人・知人とLINEをする際には、“使いどころ”を見極めた上で「ダイの大冒険」スタンプを送ってみては?