「周りから助けてもらえないのは辛すぎる」 ドラマ「コウノドリ」、“産後うつ”を描いた第3話に共感の声続出

エンタメ

2017/11/2

 ドラマ「コウノドリ」の第3話が、2017年10月27日(金)に放送された。今回は“産後うつ”の問題が取り上げられ、「今回の話は心に刺さる」「自分の育児を思い出して切なくなった」「今までで一番共感出来るお母さんだな…」と大反響を呼んでいる。

 第3話では、無事に出産を終えたキャリアウーマン・佐野彩加(高橋メアリージュン)が登場。彩加はみなみの心室中隔欠損の診察のために新生児科を訪れ、仕事に復帰したいからそろそろ保育園へ預けてもいいかと白川領(坂口健太郎)に尋ねた。診察の後、鴻鳥サクラ(綾野剛)と小松留美子(吉田羊)も彩加と顔を合わせるが、みなみの顔を見ず、疲れた表情の彩加が気にかかる。

 彩加は仕事へ復帰したい一心でみなみを預ける保育園を探すが、どこへ電話しても断られ続け、復帰のめどが立てられない。実の母や夫の康孝(ナオト・インティライミ)も頼ることが出来ず、会社の後輩からは彩加のプロジェクトは既に別の人が担当していることを聞かされる。途方にくれた彩加は、みなみを病院の受付に置き去りにしたまま姿を消してしまうのだった。

 みなみが泣き続けてもあやすことが出来ず、部屋も荒れ放題になってしまった彩加の様子には、「四六時中子どものそばにいるのは母親なのに、周りから助けてもらえないのは辛すぎる」「自分の子といても孤独感に苛まれたり自分がダメに思えたり、私もあったなぁ」と育児経験のある視聴者から共感の声が続出。病院のルールを破ってでも彩加を心配する小松やサクラは「1人1人ちゃんと向き合おうとする姿勢に泣ける」「どの病院にもこんな余裕が生まれて欲しいと願ってしまう」と現在育児中の母親から絶賛された。

 病院の屋上で発見された彩加に、四宮春樹(星野源)は「まだ治療の道がある患者を放っておくことはできない」と声をかける。四宮は彩加を産後うつであると診断し、治療すれば治すことが出来ると力強く告げた。

 育児に追われる母親の苦悩をリアルに描いた第3話。今後も産婦人科を取り巻く問題に切り込んでくれることを期待しよう。

■ドラマ「コウノドリ」
放送:毎週金曜 22:00~
原作:鈴ノ木ユウ
出演:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋 ほか
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/kounodori/