コナンが劇薬とすり替えたモノが話題に! アニメ「名探偵コナン」880話、殺人を未然に防いだコナンの行動にツッコミ続出

アニメ・マンガ

2017/11/17

 2017年11月11日(土)に、アニメ「名探偵コナン」の第880話「探偵団と幽霊館」が放送された。この回で、コナンが殺人のターゲットにされた人を守るためにとった行動にネット上でツッコミが続出している。

 コナン、元太、光彦、歩美はキャンプにやってきたのだが、急に土砂降りになり、近くにある大きな洋館で雨宿りさせてもらうことに。この家には、お手伝いの中年夫婦、吉本三郎、吉本ハナと、家主である太田黒信輝、太田黒の甥で居候中の雨宮秀人が住んでいた。しかし約半月前から太田黒が、2カ月前に不慮の事故で他界した妻・智恵子の幽霊を見るようになったと言いだしているようで、お手伝いの2人は困惑している。

 夕飯をご馳走になったコナンたちは幽霊の正体を突き止めようと夜に部屋を覗くと、黄色い光がフワフワ動いているうえ、女性の声も聞こえてきて、太田黒はその声と喋っていた。

 その後、食堂でみんなが集まって飲み物を飲んでいると、紅茶を飲んでいた太田黒が突如紅茶を吐いてむせ始める。雨宮はすぐに救急車を呼ぶように要請したが、コナンがその必要はないと言い出し、幽霊事件と智恵子の事故の真相を語りだす。

 智恵子の事故は、お手伝いの吉本ハナが智恵子の車いすのブレーキを効かなくして起こしたものだったそう。そして、幽霊事件は雨宮が仕組んで起こしているものだという。

 借金があって太田黒の遺産が欲しい雨宮。そこで智恵子の事故の真相を知った雨宮は、智恵子の幽霊が現れたとしてハナを追い込み、ハナが事件を隠すために太田黒を殺すように仕向けていたのだ。

 しかし事前に真相に辿り着いたコナンが、ハナが使うであろう家にあった劇薬の中身を塩とすり替えておいたため、太田黒はただの塩入のしょっぱい紅茶を飲んでむせただけで済むことに。

 咄嗟に機転を利かせたコナンだが、ネット上では「なんで塩と変えるんだよ」「そこは普通に砂糖で良いじゃん」「微妙に意地悪なコナンwww」「塩とか塩分過多でそれはそれで死にそう」「砂糖で『甘ーい!』じゃダメだったのか……」とツッコミが起こっている。

 とはいえ今回は、コナンのおかげで殺人を未然に防ぐことに成功。大手柄であることに間違いはない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/