アニメ「ONE PIECE」821話、ルフィがサンジのためにとった行動が話題に

アニメ・マンガ

2018/1/20

 2018年1月14日(日)に放送されたアニメ「ONE PIECE」第821話で、ルフィがサンジのためにとった行動が話題になっている。

 これまでの話では、政略結婚を無理やりさせられそうになっているサンジを取り戻すべく、麦わらの一味が大奮闘。ルフィはビッグ・マムの幹部で、スイート3将星の1人であるクラッカーを打ち倒す。しかし仇討としてビッグ・マム海賊団の大群の襲撃にあい、ルフィとナミはホールケーキ城内に連行されて囚われの身に。だがジンベエの助けによってルフィとナミは解放され、再びルフィはサンジのもとへと走り出した。

 第821話「城内動乱 ルフィ約束の場所へ」では、サンジを探すルフィの前に、シャーロット家の8男・カバレッタが立ちふさがる。カバレッタは大男だが、パワーだけでなくスピードもとても早く、覇気をまとった攻撃を繰り出すやっかいな存在。

 お腹が減って本調子でないルフィの攻撃はカバレッタへ大きなダメージは与えられず、逆にルフィは捉えられて首を絞め上げられることに。だがカバレッタがサンジを裏切り者呼ばわりしてバカにした途端、ルフィは怒りでパワーが増してカバレッタを吹き飛ばすのだった。

 その後もホールケーキ城内でサンジを探してルフィが激走していると、レイジュに遭遇。そしてルフィはレイジュから、すでにサンジもプリンの本性や計画を知っていることを聞かされる。するとルフィは「そうかサンジはプリンのこと知ってんのか。騙されてねえんならいいや。その他のやれることはもう全部やったし」と笑顔で発言。そして「約束の場所はここじゃねえから」と言って、窓を蹴破って城の外へ飛び出した。

 ルフィのさっぱりとした態度に視聴者からは「ルフィの笑顔にキュンときた。どこまでもサンジくんを信用してるんだな」「なんでルフィはこんなにかっこいいんだろう」「ルフィの切り替えの早さすごい」「最後はサンジに任せるのマジで船長」といった声が。

 果たしてサンジはこれからどう行動していくのだろうか。今後の展開からも目が離せない。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/