あなたはどのタイプ? 自分の「脳のクセ」に合わせた勉強法で効率アップ!

ライフスタイル

2018/2/20

 最短で最高の結果に導く、自分の脳に合った勉強法を徹底解説する『自分の脳に合った勉強法』が2018年2月8日(木)に発売された。

「学び方」には様々な方法があるが、「誰にも効果があるもの」と「個人ごとに効果があるもの」が存在する。この差は、その人の「脳」に秘密が。Aさんの脳、Bさんの脳、Cさんの脳は特性がそれぞれ異なり、Aさんに効果的な学び方は必ずしもBさんやCさんにとって効果的な学び方ではない可能性がある。

 脳の特性は大きく分けて、「視覚タイプ」「聴覚タイプ」「身体感覚(触覚)タイプ」の3タイプ。たとえば英単語を覚えるにも、「視覚タイプ」はビジュアルと併せて覚える、「聴覚タイプ」は音声または音読で覚える、「身体感覚(触覚)タイプ」は指でなぞりながら覚えるなど、それぞれのタイプによって効果的に英単語を覚える方法が存在する。

 同書は、脳科学に基づいた「学習パターン診断テスト」がついており、自分の脳の特性を把握し、特性に合わせた「記憶力」「集中力」「やる気」「思い出す力」を飛躍的に上げる方法を紹介する。同じ時間、同じテキスト、同じ授業、同じ勉強をしていても、この勉強法で成果がグングンと上がるはず。

 第1章では、学び方や勉強について多くの人が抱く「なぜ?」を脳科学の観点から解説。第2章では、自分の脳に合った勉強方法がわかる診断テストを設けている。第3章~5章では、勉強という行為の時間軸上の3つのフェーズ(勉強前の準備/勉強中/振り返り)に分けて、それぞれのフェーズにおける具体的な勉強ノウハウを解説していく。

 受験、資格試験、試験勉強など全受験生はもちろん、勉強・学びを必要とする全ビジネスパーソンにも役立つ同書。自分の「脳のクセ」に合わせて、効率的に勉強しよう。

小沼勢矢(こぬま・せいや)
株式会社プロ・アライブ代表取締役社長。コンサルタント。都内ベンチャー企業でのセールス職を経験し、23歳で起業。しかし、売り込みを前提とした見込み客とのコミュニケーションに違和感を覚え、独立後も「やりたいこと」と「儲かること」の不一致に頭を悩ませる日々が続く。その後、日本トップクラスの脳科学コンサルタント石川大雅から教えを受け、「実践的脳科学メソッドを体系化したオリジナルメソッドの開発により、3週間で約4,500万円の売上達成」などの成果を達成する。現在は「世界平和人材の育成」というビジョンに基づき、コンサルティング、セミナー、会員サービス、学生教育など複数の事業を石川とともに多面的に展開している。

※掲載内容は変更になる場合があります。