「期待感がヤバい」 アニメ「中間管理録トネガワ」の追加キャスト発表にファン大興奮

アニメ・マンガ

2018/5/21

img01
『中間管理録トネガワ』6巻(協力:福本伸行、作:萩原天晴、画:三好智樹、橋本智広/講談社)

 2018年7月より放送が開始されるアニメ「中間管理録トネガワ」の追加キャストが発表された。声優陣の豪華ぶりに、ファンからは「キャストがスゴい人たちばかりで笑った。ギャグ系アニメの領分を大きく超えてやがる」と反響が続出している。

 福本伸行協力、萩原天晴原作、三好智樹・橋本智広作画の同作は、『賭博黙示録カイジ』に登場する利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品。帝愛グループの幹部・利根川が、上司である兵藤会長の気まぐれと、部下たちの行動に振り回される中間管理職らしい苦悩と葛藤が描かれている。

 利根川幸雄の部下である通称“黒服”たちは、黒スーツに黒ネクタイ、サングラスというほとんど個性のないキャラクター。作中で利根川も、皆が同じ格好のため名前を覚えられないと嘆いたことがあるほど。

 そんな黒服役に、羽多野渉、島崎信長(※崎は正しくはたちさき)、八代拓、西山宏太朗、濱野大輝、江口拓也、河西健吾、青柳尊哉、沢城千春、前田玲奈と、豪華声優陣が名を連ねた。ちなみに以前放送されていたアニメ「逆境無頼カイジ」シリーズからの続投で、兵藤会長役は津嘉山正種、伊藤開司役には萩原聖人が決定している。

 このキャスティングを知ったアニメファンからは、「声優陣すげー。一大スペクタクル巨編でもやるつもりかよwww」「これは相当期待できる! 声優の演技見るだけでも全然満足できちゃう」「誰が誰だか絶対分からないだろうけど、回を進めるごとに各々の個性が発揮されそうだね」「この人たちが黒服のコミカルな行動を演じると思うと期待感がヤバい」と大反響。

 利根川を演じる森川智之は、「中間管理職の皆様、ならびにお勤めの皆様、人生色々でございます。この作品で世の中の不条理を察していただければ幸いです(笑)」とコメントを残している。豪華声優陣が集まった注目アニメは、ユーモア溢れる作品になりそうだ。

■アニメ「中間管理録トネガワ」
公開:2018年7月
原作:萩原天晴
出演:森川智之、萩原聖人、津嘉山正種、羽多野渉、島崎信長、八代拓、西山宏太朗、濱野大輝、江口拓也、河西健吾、青柳尊哉、沢城千春、前田玲奈
アニメーション制作:マッドハウス
公式サイト:http://www.tonegawa-anime.com/