鳥山明「より魅力的なブロリーになったと思っています」 劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」に反響続出!

アニメ・マンガ

2018/7/15

img01.jpg
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明原作のアニメ「ドラゴンボール」劇場版20作目のタイトルが、「ドラゴンボール超 ブロリー」に正式決定。本ポスタービジュアルと前売り特典に加えて鳥山のコメントも発表され、ファンは早くも期待に湧いている。

 同作は2017年12月に製作が発表され、今年3月にティザービジュアルとメインスタッフ情報が公開されたばかり。今回解禁された本ポスタービジュアルでは、超サイヤ人ブルーになった孫悟空とベジータが描かれている。背後には同作の敵でタイトルに名を冠しているブロリーの姿があり、左側の「最大の敵、サイヤ人。」というコピーも印象的だ。

 映画の内容はコピー通り、“サイヤ人”を描いた物語。“地球育ちのサイヤ人悟空”、“サイヤ人の王子ベジータ”、“伝説の超サイヤ人ブロリー”と、それぞれの運命をたどってきたサイヤ人3人の出会いにスポットが当たり、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も描かれていく。

 7月20日(金)からは、鳥山が自らデザインした第一弾プレゼント付き前売券が発売。温度により髪の色が変わる“防寒服仕様”の悟空とベジータの「超神(ゴッド)チェンジストラップ」を、全国の劇場窓口で手に入れることができる。入手できるのは前売券1枚につきどちらかひとつで、全国合計5万個の限定品。ファンも「両バージョン欲しいから2回は観に行けるな」と興奮を抑えきれないようだ。

img02.jpg
悟空ver.(COLD)
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
img03.jpg
悟空ver.(HOT)
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

img04.jpg
ベジータver.(COLD)
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
img05.jpg
ベジータver.(HOT)
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 ほとんどノータッチで内容は忘れていたというブロリーについて、鳥山は以下のようにコメント。

「ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています」

 鳥山のコメントを受け、ファンも「ついにブロリーが描かれるのか…!」「めちゃくちゃ楽しみなんだけど!」「これはワクワクすっぞ!」と歓喜に沸いている模様。果たしてどんな作品となるのか、ぜひ映画館で目撃しよう!

■映画「ドラゴンボール超 ブロリー」
公開:2018年12月14日(金)
原作:鳥山明『ドラゴンボール』
脚本:鳥山明
出演:野沢雅子、島田敏、古川登志夫、山寺宏一 ほか
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
公式サイト:http://www.dbmovie-20th.com/