怒りで鬼太郎が覚醒!?「最強すぎてもはや恐ろしいレベル」と話題に【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」28話】

アニメ・マンガ

2018/10/20

 2018年10月14日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第28話が放送された。西洋妖怪の襲撃に対して怒りでパワーアップする鬼太郎が、「最強すぎてもはや恐ろしいレベル」と話題になっている。

 第28話「妖怪大戦争」では、バックベアード率いる西洋妖怪たちが日本に集結。ゲゲゲの森にはバックベアードの大事な指輪を奪ったアニエスが匿われており、以前1人で森に来た狼男・ヴォルフガングは自分を追い詰めたアニエスと鬼太郎に恨みを持っていた。

 アニエスは奪った指輪を鬼太郎に差し出し、「壊すのを手伝ってほしい」と頼む。しかし鬼太郎が何度攻撃しても指輪は壊れず、アニエスは「ひょっとして力を出し惜しんでる?」と鬼太郎を煽るような発言。西洋妖怪が何を企んでいるのか鬼太郎に尋ねられても、「とにかく危険な計画」としか答えない。

 その日の夜、鬼太郎が突然苦しみだして青いオーラに包まれる。アニエスが何としてでも指輪を壊すため、鬼太郎の妖力を無理やり増強する魔法をかけたのだ。鬼太郎が言われるままに指輪に攻撃を放つと、バックベアード軍団のアデルが現れて指輪を奪還。「皆殺し計画」と称し、引き連れてきた西洋妖怪たちにゲゲゲの森を襲うよう指示を出す。

 ゲゲゲの森は瞬く間に炎に包まれ、日本妖怪たちは総力をあげて西洋妖怪に抵抗する。無理やり妖力を引き出されてボロボロの状態だった鬼太郎だが、怒りの感情が魔法を上回り妖力を完全に制御。いつもとは格段に威力の違う攻撃で、西洋妖怪を圧倒した。

 魔法を打ち砕き強くなった鬼太郎の姿には、「鬼太郎さん怒りの覚醒!?」「めっちゃ少年漫画みたいな展開だな」「今期の戦闘シーン本当気合い入ってる!」と視聴者も大興奮。バックベアードの出現により戦いの決着はお預けとなったが、「西洋側がどう対抗するのか気になる」「鬼太郎ファミリー全員強化すれば勝てるのでは…!」と今後の展開に期待を寄せる声も上がっている。

 次週は久々にまなが登場するようす。人間も巻き込む妖怪たちの戦いが、どのような結末を見せるのか楽しみだ。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/