ロバート秋山が山本にムチャ振り! 1週間で描いた絵本『むちゃぶり かみしばい』がじわじわくるwww

エンタメ

2018/10/19

『むちゃぶり かみしばい』(山本博/文芸社)

 大人気お笑いトリオ・ロバートの山本博氏が描いた『むちゃぶり かみしばい』の出版記念イベントが、2018年10月29日に@HMV&BOOKS SHIBUYAで開催されることが決定!

 本書はロバートの単独ライブ「ロバート企画」の中で、ロバートの秋山氏の無茶振りによって誕生した、山本氏初の紙芝居風の絵本である。

 締め切り1週間というタイトスケジュールの中、山本氏は脱力系でじわじわハマる世界観の紙芝居風絵本を見事に作り上げたのである。

 作品が完成すると山本氏は独断で、文芸社が主催している「第13回 えほん大賞」に応募。2355もの作品が集まった「第13回 えほん大賞」だが、その中でも本書は異彩を放っていたという。

 本書に異様な「何か」を感じた「えほん大賞」の担当者は山本氏に連絡。話をしているうちに著者がロバートの山本博だと気づき、本書が単独イベント「ロバート企画」で披露されたネタであることを知る。

 作品力の高さ・作品が仕上がるまでの経緯の面白さ・お客さんの反応に担当者は感銘を受け、今回『むちゃぶり かみしばい』が書籍化されることとなり、出版記念イベントの開催が決定したのである。

 出版記念イベントでは、2つの企画が予定されている。まず1つ目の企画は著者の山本氏による絵本の読み聞かせ、2つ目の企画は山本氏によるサイン会と2ショット撮影会だ。

 今回の出版記念イベントには、同じくロバートの秋山氏と馬場氏もトークゲストとして参加し会場を盛り上げてくれる予定なので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。