「萌え袖」も披露! NMB48・山本彩『マガジン』グラビアにファン大興奮!

エンタメ

2018/10/21

img01.jpg
『週刊少年マガジン』46号(講談社)

 2018年10月17日(水)発売の『週刊少年マガジン』46号では、NMB48・山本彩が表紙&巻頭グラビアに登場。卒業前ラストとなるマガジンでのグラビアに、「寂しいけど嬉しい!」とファンから好評の声が上がっている。

 山本は2010年にNMB48として活動をはじめ、2011年からはキャプテンを務めてきた。AKB48選抜メンバーとしても活躍するほか、特技のギターや歌唱力を活かしてソロ活動も精力的にこなしてきた。2018年7月のライブでグループからの卒業を発表。

『マガジン』表紙に登場した山本は、フリンジつきの真っ赤なセーター姿。セーターは手のひらがすっぽり隠れる“萌え袖”になっており、男心をくすぐるスタイルだ。グラビアページでは、無邪気にはしゃぐ笑顔や物憂げな眼差しなどさまざまな表情に挑戦。アイドルとアーティスト、2つの顔を持った山本らしい写真になっている。

 オレンジのニット姿を披露したページでは、口元に手を当てて目をそらしたカットとこちらを見つめて微笑むカットが登場。2枚が見開きで掲載され、まるで山本と向かい合っているような気分になれる。白いワンピースを着たショットは、髪をおろして大人の雰囲気。

 いつもと違う落ち着いたイメージのグラビアには、「さや姉綺麗すぎる!」「昔よりかなり大人っぽくなったよね…」と絶賛の声が続出。「これがラストなんて悲しすぎる」「卒業したらもうグラビアは見られないのかな」と、山本の卒業を惜しむ声も相次いだ。

『マガジン』発売日と同日には、NMB48の19thシングル「僕だって泣いちゃうよ」が発売。山本がセンターとして71人のメンバーを率いる豪華な楽曲になっているので、こちらも要チェックだ。