BLドラマ「ポルノグラファー」続編制作決定に歓喜の声続出! 竹財輝之助「まさかもう一度“木島理生”に逢えるとは」

エンタメ

2019/2/18

『インディゴの気分』
(左から)竹財輝之助、吉田宗洋
(C)丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

 丸木戸マキのBL漫画『インディゴの気分』がドラマ化されることが明らかに。先に映像化されていた前作「ポルノグラファー」の続編とあって、「木島先生にまた会えるなんて夢みたい!」「楽しみすぎて心臓がはちきれそう」と期待の声が寄せられている。

『ポルノグラファー』は、官能小説家・木島理生と大学生・久住春彦の関係を描いた作品。2018年7月に動画配信サイト「FOD」で実写ドラマが制作され、好評を博して8月には地上波でも放送された。ドラマでは木島を竹財輝之助、久住を猪塚健太が演じ、木島の担当編集者・城戸士郎役として吉田宗洋も出演。「木島先生が本物すぎる」「こんなに美しいドラマは今まで見たことがない」「BLには興味がなかったのに最終回では大号泣した」と、多くの視聴者から絶賛の声が上がっている。

 今回ドラマ化される『インディゴの気分』は、木島と城戸の過去編に当たる物語。官能小説家として活動を始めたばかりの木島は、城戸の紹介で大ベテラン作家・蒲生田のもとに弟子入りすることになった。2人で蒲生田のもとに赴くと、蒲生田は木島に思いもかけない要求を突きつける。その日を境に、木島と城戸の関係は大きく変化していく――。

 ドラマは「ポルノグラファー ~インディゴの気分~」というタイトルで製作され、主なキャストやスタッフは前作から続投となることも決定。再び木島を演じるにあたって、竹財は「まさかもう一度“木島理生”に逢えるとは思っていませんでした。これも観てくださった方々の熱い想いのお陰だと思っています」と喜びをコメントしている。

「FOD」での配信は2019年春ごろを予定しており、キャストのツイッターでは撮影のオフショットや裏話も公開中。2月6日(水)には「ポルノグラファー」のDVDとBlu-rayBOXが発売されており、配信とは違った編集による“ディレクターズカット完全版”を収録。「FOD」では本編以外にキャストインタビュー動画も配信されているので、続編が始まる前にこちらもチェックしてみては?

■ドラマ「ポルノグラファー ~インディゴの気分~」
原作:丸木戸マキ
演出・脚本:三木康一郎
出演:竹財輝之助、吉田宗洋、猪塚健太 ほか
ドラマ「ポルノグラファー」公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/pornographer/