「蘭姉ちゃんがさすがにかわいそう…」アニメ「名探偵コナン」931話、観光地に取り残される蘭に同情の声が続出

アニメ・マンガ

2019/2/22

img01.jpg
『名探偵コナン』95巻(青山剛昌/小学館)

 2019年2月16日(土)に、アニメ「名探偵コナン」の第931話が放送された。小五郎が蘭やコナンを連れて旅行へ行くのだが、蘭の孤独な観光地巡りが「蘭ちゃんを1人にするなんて…!」「彼氏失格だぞコナン」と話題になっている。

 今回は、小五郎たちが「ベスト探偵アワード」の授賞式に参加するため福岡県の小倉へ。授賞式は夜に開催されるため、蘭はそれまでみんなで観光しようと雑誌を片手にはしゃぎはじめた。しかし小五郎は、警視庁時代の先輩・深町虎三に会うと言い出す。虎三は警察を引退後、小倉で貿易会社を経営している男。コナンも小五郎について行くことを決め、蘭は1人小倉の町に取り残されてしまう。

 虎三の会社についた小五郎とコナンは、専務の桐山栄作から虎三が意識不明で入院中だと聞かされる。虎三は会社の周辺を散歩中に駐車場で転倒し、ブロックに頭を打って負傷していた。小五郎が探偵だと知った桐山は、唐突に「犯人を捕まえてもらえませんか?」と依頼。桐山は、虎三の入院後に会社や倉庫、自分の自宅にまで現れた落書きに悩まされている。

 落書きは全て同じもので、大きな赤い「虎」の1文字。桐山は虎三が復帰できなかった場合次の社長になる可能性が高いため、虎三の息子・虎彦が自分を脅すために書いたのだろうと考えていた。

 小五郎やコナンが捜査に乗り出している頃、蘭は宮地嶽神社や宗像大社など小倉周辺の名所を満喫中。小五郎たちとはお昼に合流する予定だったが、結局ランチも1人で行くことになってしまう。カップルや家族連れの観光客を寂しそうに眺める蘭に、視聴者からは「そりゃぼっち観光はつまらないよなぁ」「蘭姉ちゃんがさすがにかわいそう」「せっかくの家族旅行なのに」と同情の声が続出。「観光よりも事件に夢中な男どもめ!」「俺なら絶対蘭ちゃんを1人にしない」と、小五郎やコナンに対する怒りの声も上がっている。

 蘭がため息をついていると、見知らぬ男が「ちょっとだけ恋人になってくれない?」と声をかけてくる。男の正体は、虎三の息子・虎彦。この先事件はどんな展開を見せるのか、後半も見逃せない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/