「可愛い絵柄とダークな世界観のミスマッチ感が好き」 『Gファンタジー』の人気学園ホラー『地縛少年 花子くん』アニメ化決定!

アニメ・マンガ

2019/3/22

img01
『地縛少年 花子くん』10巻(あいだいろ/スクウェア・エニックス)

 『月刊Gファンタジー』で連載中の学園ホラー漫画『地縛少年 花子くん』がテレビアニメ化されることが明らかに。「動く花子くんに会えるなんて嬉しい!」「あの世界観がアニメになったら人気出そう」と話題になっている。

 あいだいろが手がける同作は、七不思議のうわさが絶えない学校・かもめ学園を舞台とした物語。学園に通う女子生徒・八尋寧々(やしろねね)は、ある日願いを叶えてくれるという“女子トイレの花子さん”を呼び出した。しかし寧々の前に現れたのは、男の子の姿をした“花子くん”。彼と出会って以来、寧々は学園内で巻き起こるさまざまな怪奇現象に巻き込まれていく―。

 連載は『Gファンタジー』2015年1月号から始まり、「七不思議ものだけどホラーというよりファンタジーな展開が楽しい」「飄々としてるのに強い花子くん萌え!」「可愛い絵柄とダークな世界観のミスマッチ感が好き」と読者に大好評。花子くんを監視する祓い屋・光、イケメン男子・夏彦、鏡の中の幽霊・ミツバといった個性豊かなキャラクターも人気を集めている。

 2019年3月18日(月)発売の『Gファンタジー』4月号では、同作が表紙&巻頭カラーに。アニメ化決定のニュースは表紙でも大々的に告知されており、「表紙見た瞬間、嬉しすぎて崩れ落ちた」「このGファンは永久保存しなきゃ」「花子くんが今までで1番かっこよく見える」とファンから歓喜の声が相次いだ。さらに特別付録として『花子くん』のカレンダー手帳が付く。花子くんたちのイラストをたっぷり収録した、4月はじまりの手帳となっている。

 3月27日(水)には、コミックスの最新10巻が発売。4月17日(水)から大阪の「アニぱらCAFE」にてコラボカフェ「地縛少年花子くん GHOST HOTEL’S CAFE」がオープンする予定だ。コラボカフェでは“人間じゃないもの”が集う怪しげなホテルをテーマに、フードメニューやドリンクメニューを用意。トレーディングステッカーやポストカード、原画シートなどオリジナルグッズも購入できるので、気になる人は足を運んでみては?

◆「地縛少年花子くん GHOST HOTEL’S CAFE」公式サイト
https://hanakokun-cafe.com/

img02
『月刊Gファンタジー』4月号(スクウェア・エニックス)