『マガジン』17号、表紙&巻頭グラビアは広瀬すず! 透明感あふれる春グラビアが「相変わらずの美少女っぷり」と話題

エンタメ

2019/3/31

img01
『週刊少年マガジン』17号(講談社)

 2019年3月27日(水)発売の『週刊少年マガジン』17号では、女優の広瀬すずが表紙&巻頭グラビアに登場。春らしい写真の数々には、「相変わらずの美少女っぷり」「透明感がありすぎて眩しい!」と歓喜の声が続出している。

 今回のグラビアは16ページのボリュームアップバージョンとなっており、広瀬にとっても初めてのページ数。春をテーマに4パターンのシチュエーションで撮影された。表紙でも着ている黄色いワンピース姿の広瀬は、髪をかき上げてアンニュイな表情。ノースリーブで華奢な肩や脇が大胆にさらされ、大人の魅力を存分に発揮している。一方、パーカーにイチゴ柄のハーフパンツというラフな衣装のショットでは、空の写真をたくさん壁に貼り付けた部屋で無邪気な笑顔をお披露目。麦わら帽子を片手に、早くも夏が待ちきれないといった表情を見せた。

 後半では桜と共に撮影されたものも登場し、白いワンピースの広瀬は儚げな雰囲気。少女と大人の間を自由に渡り歩く広瀬のグラビアには、「美しさがあふれ出してる」「瞳がキレイすぎて吸い込まれそう」「桜の妖精か女神にしか見えない」とファンから大興奮の声が続々と上がっている。

 広瀬は2019年4月1日(月)から始まるNHKの連続テレビ小説『なつぞら』に、ヒロインの奥原なつ役で出演。同作は記念すべき100作目の連続テレビ小説となり、今回は絵をかくのが好きな少女がアニメーションの世界に飛び込むストーリーが描かれるようだ。グラビアページでは『なつぞら』についてのインタビューも実施され、広瀬は物語について「台本を読んでいて涙が止まらない、すごい感動作品です」とコメント。ヒロイン・なつについては、「太陽みたいな明るさもあって、周りの人たちが助けたくなっちゃうような女の子」と語っている。

『なつぞら』のスタートと同日には、写真集『広瀬すず in なつぞら PHOTO BOOK』が発売。舞台となる北海道で撮影された貴重な写真が満載なので、ドラマと合わせてチェックしておこう。

■連続テレビ小説「なつぞら」
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
作:大森寿美男
出演:広瀬すず、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

img02
『広瀬すず in なつぞら PHOTO BOOK』(東京ニュース通信社)