蒼井優「こんなに高カロリーな作品はなかなか無い」 池松壮亮&蒼井出演映画「宮本から君へ」の特報動画解禁!

エンタメ

2019/6/26


 池松壮亮が主演を務める映画「宮本から君へ」の特報動画が公開された。池松と蒼井優が叫びまくる情熱的な映像には、「相変わらず暑苦しくて最高だな!」「映画館でこの熱量を浴びるのが楽しみ」と期待の声が続出している。

 映画の原作となるのは、新井英樹が『モーニング』や『Dモーニング』で連載していた作品。不器用で暑い営業マン・宮本浩の生きざまを描いた物語だ。2018年には池松主演でドラマ化され、柄本時生、星田英利、華村あすかといった豪華俳優陣も出演。蒼井は宮本が飲み会で意気投合する女性・中野靖子を演じている。

「宮本の情熱は古臭いとか新しいとかそういう基準を超越している」「宮本がことごとく失敗し続ける姿がすがすがしい」「身近にいて欲しくはないけどなぜか目が離せないのが宮本の魅力」など、視聴者からはさまざまな反響が。映画にはドラマ版キャストのほかに、井浦新、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗が出演することが明かされていた。

 映画で描かれるのは、宮本と靖子の恋愛模様を中心としたストーリー。特報は「2人で結婚しよう! 結婚! 結婚! 結婚!」と靖子に叫ぶ宮本のセリフから始まり、2人のキスシーンや情熱的なハグシーンも映し出されていく。井浦が演じる謎の男・風間裕二は、宮本と靖子の間に立つ重要な役どころ。特報では宮本の耳元で、「靖子が妊娠した。父親は俺かお前」とささやいている。

 公式ツイッターでは出演者やスタッフからのコメントも公開され、池松は映画化について「ボロボロになるまで読み漁ったこの偉大な原作の力をお借りして、時代の変わり目に強烈な人間賛歌を残すべく、身も心も捧げたつもりです」と撮影にかけた気合いを力説。蒼井も「こんなに高カロリーな作品はなかなか無いと思います。公開を楽しみにしていただければと思います」と期待をあおった。

 公開日は、2019年9月27日(金)に決定。“究極の人間賛歌エンターテイメント”と言われる同作がどんな映画になっているのか、劇場で確かめよう。

■映画「宮本から君へ」
原作:新井英樹
監督:真利子哲也
出演:池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗 ほか
公式サイト:https://miyamotomovie.jp/

img01
『定本 宮本から君へ』4巻(新井英樹/太田出版)