ルフィと重なるエースの姿に「これは泣いてしまう」と視聴者の声【アニメ「ONE PIECE」906話】

マンガ・アニメ

2019/10/19

img01
『ONE PIECE』94巻(尾田栄一郎/集英社)

 2019年10月13日(日)に放送されたアニメ「ONE PIECE」第906話。ルフィと火拳のエースが重なる場面が描かれ、「こんなん涙腺崩壊ですわ」「ここでエースを持ってくるのは反則!」と視聴者を涙させたようだ。

 お玉の奪還に成功し、ホールデムに“ゴムゴムのレッドホーク”を叩き込んだルフィ。ホールデムをわずか一撃で叩きのめし、炎をまとったルフィの姿にお玉はエースの姿を重ねていた。ルフィはお玉を背負いながら敵を蹴散らし、目の前にはゾロが奪った宝船を追うスピードの姿が。スピードに跨ったルフィは、お玉のきびだんごを使ってスピードを制御しながらゾロを追い始める。

>>『ONE PIECE』の劇場版が見放題! TVアニメや漫画も配信中!【U-NEXT】

 一方博羅町の入口付近では、バジル・ホーキンスとトラファルガー・ローが対峙。なんとしてでもホーキンスをこの場で止めたいローは先制攻撃を仕掛けたものの、攻撃を巧みにかわすホーキンスは一筋縄ではいかない。そんな状況でローの計画にはなかったルフィの大立ち回りまでホーキンスの耳に届き、徐々に焦りを募らせていくロー。ホーキンスも既にローの目論見に気づいている様子で、ローは想定されうる最悪の事態に怒りを覚えていた。

 ローの焦りなど知る由もないルフィとお玉は、無事にゾロと合流。しかし「肝心なもんがなかった」と言うルフィは、お玉を宝船に残してその場を離れてしまう。宝船はそのままローとホーキンスによる対決の場へと突入。ローはホーキンスとの対決を中断して宝船へと飛び移り、計画外の行動を次々起こすルフィへの苛立ちをゾロに向けるのだった――。

 エースはかつてワノ国を訪れており、彼に恩義を感じていたお玉。ルフィの圧倒的なパワーや大きな背中にエースの面影を重ねており、視聴者からは「ルフィとエースの姿が重なった瞬間号泣した」「何気ないシーンだけど、ルフィとエースは今も繋がってるんだって思えるね」「きっとエースがルフィとお玉ちゃんを引き会わせてくれたんだな」といった声が寄せられている。

 エースとの再会は叶わなかったお玉だが、ルフィとの出会いはお玉を勇気づけるものだったに違いない。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/