「ナルトのことはっきり親友って呼ぶの泣ける」 少年時代のナルトと大人になったサスケの会話に感動の声【アニメ「BORUTO」132話】

マンガ・アニメ

2019/11/16

img01
『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』9巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2019年11月10日(日)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第132話に、少年時代のナルトと大人になったサスケの対話シーンが登場。「まさかこんな形で本音を言い合う日が来るとは」「神展開すぎる」と話題になっている。

 大筒木ウラシキを追って、過去の世界に来てしまったボルトとサスケ。ボルトは少年時代のナルトと出会い、彼が九尾のチャクラによって暴走する様を目の当たりにした。その場に居合わせた自来也は、2人のチャクラが近い性質を持っていると指摘。チャクラを同調させて新たな技を生み出す修行を提案する。

>>『BORUTO』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 しかし修業はなかなかうまくいかず、ボルトがふとした瞬間にナルトの暴走を思い出してしまい気まずい雰囲気に。ボルトはいったん休憩しようとナルトのもとを離れ、日向家に足を運んだ。ひとり残されたナルトの前に現れたのは、ボルトと別行動していた大人のサスケ。ナルトは相手が未来のサスケだとは気づかずに、「なぁおっちゃん、大事な友達っている?」と尋ねる。

 この頃のナルトは、里を抜けたサスケを連れ戻すために強くなりたいと修行を積んでいた時代。「向こうからしちゃ余計なお世話かもしれねぇけどさ」と親友を救いたい想いを打ち明けるナルトに対し、サスケは「これは俺の友人の話だが、そいつは昔、目的のために親友のもとを離れる道を選んだ」と口を開く。

 サスケが過去のナルトに向かって当時の本音を語る場面には、視聴者から「ナルトのことはっきり親友って呼ぶの泣ける」「過去と現在が交わるいいシーンだな」「目の前の大人がサスケだって知ったらナルトはどんな顔するんだろう」と感動の声が続出。ナルトに「その2人は最後には一緒に笑えるようになったのか?」と質問されたサスケは、「あぁ」と静かに肯定した。

 サスケとの会話でやる気に満ち溢れたナルトは、気合いを入れなおして修行を再開することに。果たしてボルトとナルトの連携技は成功するのだろうか。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/