「及川さんのトスと日向の瞬発力が合わさったら最強なのでは?」『ハイキュー!!』日向翔陽&及川徹の共闘にファン大興奮!/『ジャンプ』51号

マンガ・アニメ

2019/11/20

img01
『週刊少年ジャンプ』51号(集英社)

 2019年11月18日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』51号に掲載された『ハイキュー!!』で、主人公・日向翔陽と及川徹のタッグが実現。ビーチバレーでブラジルの地元民と戦い、「この展開はめっちゃ熱い!」と話題になっている。

 現在『ハイキュー!!』では、大人になった日向がブラジルで修行中。ビーチバレーの技術を磨くため地球の裏側にまできたのだが、元青葉城西高校バレーボール部主将の及川とまさかの再会を果たした。今回のエピソードでは、そんな2人が地元民のガブリエル&ジーノと野良試合をすることに。彼らは“ビール奢らせブラザーズ”と呼ばれており、負けたらビールを奢らなければならないという。

 こうして高校時代は別々の高校に所属していた日向&及川がタッグを組むことに。試合開始早々、及川は「短時間で勝たせてもらう」とジャンプサーブを繰り出した。しかし自信満々だった彼のサーブはまさかの失敗。卓越した技術を持つ及川だが、一般的なバレーボールとビーチバレーでは色々と勝手が違うようだ。その後も慣れない砂や風などに翻弄され、得意のトスもズレてしまう有様。結局日向と及川は“ビール奢らせブラザーズ”に負け、ビールを奢ることになった。

 初戦は散々な結果となってしまったが、後日2人は再び“ビール奢らせブラザーズ”と戦うことに。日向と及川はどんどんビーチバレーのコツを掴んでいき、プレイが成功するたびに「でき たーーー!」と目を輝かせている。試合では及川の絶妙なトスで、日向がスパイクを決める場面も。及川は及川で、トスが決まった瞬間「できた!」と内心で喜び、バレーの苦しさと、それでも自分を引っ張り上げる「楽しい」を胸中に巡らせる。慣れないビーチバレーで、2人はしっかりボールを“繋いで”いた。

 ビーチバレーを心の底から楽しんでいた印象の日向と及川。高校時代は中々見られなかった共闘に、読者からは「2人のタッグをずっと見ていたい!」「プレイヤーとしては対照的だけど、かなり相性がいいよね」「及川さんのトスと日向の瞬発力が合わさったら最強なのでは?」「当たり前だけど、及川さんやっぱりバレーが上手いな」「及川さんに日向が『ナイスレシーブ』って言われるの、感慨深い」「及川さんの“楽しい”の中にいる岩ちゃんにジーンときた」といった声が上がっている。

 最終章に突入した『ハイキュー!!』だが、今後はどのような関係性が描かれていくのだろうか。

img02
『ハイキュー!!』40巻(古舘春一/集英社)