アニメ「ドラえもん」最新話、のび太のせいで番組終了!? 予想外のオチに驚くファンが続出

マンガ・アニメ

2020/2/27

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2020年2月22日(土)に放送されたアニメ「ドラえもん」。ひみつ道具が引き起こしたまさかのオチに、「とんでもないひみつ道具だな」「オチが意外過ぎてびっくりした」といった声が相次いでいる。

 話題のエピソードは、2本目の「平和アンテナ」。ある日のび太が家に帰ると、ママとパパが大喧嘩中。なんとか止めようとしても「子どもは引っこんでなさい!」と怒鳴られ、ドラえもんに泣きつくことに。話を聞いたドラえもんがポケットから取り出したのが、リモコン型のひみつ道具「平和アンテナ」だった。

 パパとママの前でボタンを押すと、平和アンテナから出る電波のおかげで2人はたちまち和解。驚きの効果を目にしたのび太は「ボクも使ってみよう!」とドラえもんから平和アンテナを奪い、家を飛び出していく。

 家を飛び出してすぐに「誰か喧嘩してないかな~」と不穏なことをつぶやくのび太。争いのタネを探して訪れたしずかちゃんの家では、しずかちゃんに対して「誰かと喧嘩する予定はない?」と驚きの質問をぶつける。当然しずかちゃんには喧嘩の予定はなく、両親の仲もいいと聞いたのび太は「つまんない家庭だね」と漏らした。

 その後も平和アンテナでちょっとしたイザコザを解決したものの、大喧嘩には立ち会うことができなかった。楽しみにしていた「ムテキマン」の放送を見るため家に帰ったのび太は、悪者と戦うムテキマンを応援。しかし思わず手を握りこんだ拍子に、平和アンテナのスイッチが入ってしまう。するとムテキマンと悪者は突然和解し、番組は「2人が仲良くなったので、ムテキマンは今週でおしまいです」と驚きのナレーションで締めくくられた。激怒したのび太はドラえもんにつかみかかり、「ドラえもんが変な道具を出すからだ!」と大喧嘩に。

 番組を見たファンからは、「テレビ番組にも効くなんて思わないよね」「このオチは予想外すぎた」「平和すぎるのも考えものだな」といった声が続出。テレビ番組にまで影響を与えるひみつ道具の力に、改めて驚かされた人が多かったようだ。

■アニメ「ドラえもん」
原作:藤子・F・不二雄
脚本・制作協力:藤子プロ
出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一 ほか
公式サイト