動物たちの「ちいさな秘密」に癒される! 世界に一つだけの香水を作るきつね、服や家具をなかよく使う双子のねこ…MOEの絵本『ひみつがあります』

文芸・カルチャー

2020/5/14

『ひみつがあります』(布川愛子/白泉社)

 森の動物たちがそれぞれの「ひみつの趣味」を教えてくれる絵本『ひみつがあります』(白泉社)が、2020年5月14日(木)に発売された。動物のかわいらしい姿がたっぷりつまった一冊に、ネット上では注目が集まっているようだ。

 著者の布川愛子さんは広告・雑誌・ステーショナリーから絵本まで、幅広いジャンルで活躍するイラストレーター。オリジナルブランド“ai”のデザイナーとしても活躍中で、美しく心地よい色使いが持ち味。彼女が描く動物たちの生き生きとした姿は、多くの人の心を惹きつけてきた。

 最新作となる『ひみつがあります』はうさぎやカンガルー、りすなど、さまざまな動物たちが持つ「ちいさな秘密」に焦点を当てた作品。植物によって世界に一つだけの香水を作るきつねのハナさん、服から家具まで半分にしてなかよく使う双子のねこなど、個性豊かで素敵なおうち暮らしの様子が描かれている。

 本書にはもともと月刊誌『MOE(モエ)』で連載されていた物語を収録。また書籍化にあたって描き下ろしも1話追加され、合計8つの心が温まるエピソードを読むことができる。

 連載時などに作品に触れた人からは、「ありとあらゆる小物がかわいくて、子どもだけでなく大人もずっと眺めていたくなる絵本」「やさしい、そしてユーモア溢れるひみつ。動物たちの丁寧な生活は、見ていて心がほっこりします」「お話もイラストもかわいくて、癒されました。布川愛子さんの絵本は初めて読みましたが、また読んでみたいと思います」と称賛する声が続出していた。

 また、著者は5月2日(土)に自身のインスタグラムを更新。本作について「物を作るのが好きなあの人、音を奏でるのが好きなあの人、土を触るのが好きなあの人、料理が好きなあの人、話す事が好きなあの人、生き物が好きなあの人、昔のものが好きなあの人…いろんなあの人の事を考えながら、好きなことをするっていいな、最高だよ。と思いながら描いたお話です」というメッセージを綴っている。

 大人から子どもまで、愛らしい世界の虜になってしまうこと間違いなし。ささくれ立った心に“癒し”が欲しい人は、ぜひ本書を手に取ってみてほしい。

この記事で紹介した書籍ほか