やっぱり罰が当たった…!? アニメ「ちびまる子ちゃん」、“墓地で肝試し”を決行したまる子たちの顛末とは

アニメ

公開日:2020/10/11

ちびまる子ちゃん
『ちびまる子ちゃん』17巻(さくらももこ/集英社)

 2020年10月4日(日)のアニメ「ちびまる子ちゃん」では、1本目のエピソードとして「秋のおばけ騒動」の巻を放送。“墓場で肝試し”を決行したまる子たちに対し、「縁起でもないことするなwww」「昔の回で懲りたはずでは!?」といった反響が相次いでいる。

 事の発端は、落語研究会に所属する青年の“あるお悩み”。怖い話を作らなければいけないのだが、なかなか怖くならないのだという。そこでまる子、ブー太郎、はまじの3人は青年のために“肝試し”を企画し、怖い思いを体験させてあげることに。

 まる子たちが青年を連れ出した先は、近所の墓場。それぞれ1人ずつお墓の後ろに隠れて、青年をおどかそうと目論んでいる。しかし青年は想像以上の“怖がり”だったらしく、例えば自分で木の枝を踏んだだけでも「いやあああああ」と悲鳴を上げて大騒ぎ。さらにはブー太郎やはまじのちょっとした仕掛けにも過剰に反応し、青ざめた顔で墓場を走り回っていた。

 この様子を見た視聴者からは、「墓場で騒ぐなよwww」などのツッコミが出たようだ。中には「そんなにうるさくしたら、罰当たるぞ!」といった忠告の声や「肝試しというと、かつての藤木君回を思い出すなぁ…」など過去回を懐かしむ声も上がった。

 結局、この肝試しは青年の“怖い話作り”には役立ったよう。一方まる子たち3人は、自分たちのカバンを墓場に置き忘れてしまうという大失態を犯していた。暗くなった墓場にカバンを取りに行かなければならないなんて、やはり大騒ぎした罰が当たったのだろうか…。

アニメ「ちびまる子ちゃん」
放送時間:毎週日曜 18:00~
原作:さくらももこ
出演:TARAKO、屋良有作、一龍斎貞友、島田敏、佐々木優子、豊嶋真千子 ほか
公式サイト:http://chibimaru.tv/

この記事で紹介した書籍ほか

ちびまる子ちゃん 17 (りぼんマスコットコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088675237