【最新話レポ】「不満げな栄一も得意顔の喜作も可愛い」吉沢亮&高良健吾が“改名”するもまさかの名前に!/大河ドラマ『青天を衝け』第15話

エンタメ

公開日:2021/5/30

NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 前編
『NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 前編』(著:大森美香、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年5月23日(日)に放送された大河ドラマ『青天を衝け』第15話。渋沢栄一(吉沢亮)と従兄の渋沢喜作(高良健吾)が“改名”する流れになり、「栄一さんめっちゃ不服そうwww」と視聴者を盛り上げたようだ。

advertisement

 一橋家の家臣となって1カ月が経ち、平岡円四郎(堤真一)から初めて俸禄(給料)を渡された栄一と喜作。ようやく正式に武士となった2人なのだが、円四郎は栄一に対して「おめえはナリが武士っぽくねぇから、この際名を武士らしく変えるといい」と提案する。

 そこで円四郎が考えたのは、志の篤さを示す篤の字を取った“篤太夫”という名前。「え、とくだゆう?」「ちっとんべ響きがジジイみてぇで」と不満げな表情の栄一を意に介さず、円四郎はそのまま篤太夫と命名してしまう。一方「某(それがし)は! 某は!」と期待の眼差しを向けてきた喜作には、「いやおめえ、喜作のままでいいんじゃねえか?」と素っ気ない。

 なおも命名をねだられた円四郎は渋々“成一郎”の名を提案し、武士らしい名前に喜作は大喜び。そんな様子を見て栄一も「では某も円四郎様に成一郎に篤一郎では…」と食い下がりはしたものの、円四郎に「いいやおめえは篤太夫が似合ってる」と突っぱねられるのだった…。

 栄一と喜作の改名に、ネット上では「不満げな栄一も得意顔の喜作も可愛い!」「栄一と喜作の名前を考える円四郎さん、モチベーションの差がはっきりしすぎ(笑)」といった反響が続出。新たな人生の船出を切った2人に、どのような運命が待ち構えているのだろうか。

ドラマ『青天を衝け』
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:吉沢亮、橋本愛、高良健吾、草彅剛 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/seiten/

この記事で紹介した書籍ほか

青天を衝け 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

著:
監修:
編集:
出版社:
NHK出版
発売日:
ISBN:
9784149233864