パンツもはけない? “無能ヒロイン”がラノベ界に増殖中

マンガ・アニメ

2012/8/25

 自分じゃパンツもはけない!? そんな何にもできないヒロインが増殖中だ。

 『さくら荘のペットな彼女』(鴨志田 一、溝口ケージ/アスキー・メディアワークス)は、水明芸術大学付属高等学校に通う神田空太が主人公の物語。彼が住むことになったのは、変人の巣窟と言われる「さくら荘」だ。そんなさくら荘に、世界的に有名な天才画家の美少女・椎名ましろが入居してきた。しかし、彼女はその才能や見た目とは裏腹に部屋はいつもぐちゃぐちゃで外出すれば必ず迷子になる。服を着る習慣もなければコンビニでお金を払わずに商品を食べちゃったりするような問題児だったのだ。

 そんなましろの“飼い主”となってしまった空太は、毎日彼女の躾に奮闘する。毎朝全裸で寝ているましろを起こし「このパンツかわいくない」と文句を言う彼女にパンツをはかせる、という具合に……。
電波女と青春男』(入間人間、ブリキ/アスキー・メディアワークス)の藤和エリオの無能ぶりも負けていない。布団にくるまって生活し、同居しているいとこの丹羽真に面倒を見てもらっている。自称宇宙人の電波系美少女は、自転車ごと川に飛び込んで足を骨折したことをきっかけに布団にくるまって引きこもるようになったのだが、街を徘徊する時も布団を巻きつけたままだし、服を着たまま入浴する。

 『ささみさん@がんばらない』(日日日、左/小学館)の主人公はひきこもりの少女・ささみ。彼女は奴隷体質の兄に依存中で、着替えも食事もがんばらない。食事は口をぱくぱくさせて「食べさせて」とねだるのだ。加えて彼女は「お兄ちゃん監視ツール」で兄の行動を監視するのが日課という、ブラコン系“無能さん”だ。

 単なるドジっ娘や天然娘ではなく「こいつには俺がついてなくちゃ死んでしまうんじゃないか!?」とまで思わせる“無能ヒロイン”たちは、男子の中にある父性愛というか庇護欲をかきたてる。1度でも無邪気で素直な彼女たちと接してしまったら、もう放ってはおけない。

 天才だったり、自分にはない能力をもったヒロインが、特にこれといって取り柄があるわけでもない自分を頼りにしてくれる。自分だけに見せる無防備な姿にはたまらないものがあるだろう。そんな“男心”をうずかせる無能ヒロインが登場する『さくら荘のペットな彼女』の7.5巻は8月10日に発売。10月からアニメも放送されるが、ましろのかわいさにキュンとくること必至! あなたもこんなペットが欲しくなっちゃうかも。