『ドラえもん』怒濤の伏線回収!? クリスマスに起きた奇跡の脱出イリュージョンに「神回」の声

アニメ

公開日:2022/1/1

ドラえもん
『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2021年12月25日(土)のアニメ『ドラえもん』では、1本目のエピソードとして「イリュージョニストノビー~クリスマスの奇跡」を放送。作中で怒濤の伏線回収が巻き起こり、「これぞ神回!」などと視聴者は大興奮だったようだ。


 ある日、ひょんなことからスネ夫とイリュージョン対決することになったのび太。いつも通りドラえもんに何とかしてもらおうとするものの、ちょうどほとんどのひみつ道具をメンテナンスに出したばかり。残っているのは「じゃんけん練習機」や「けんか手袋」、どんなものでもペラペラにできる「ペタンコアイロン」などしょうもない道具だけだった。

advertisement

 ただこのタイミングで「通りぬけフープ」が戻ってきたため、2人はこの道具を使ったイリュージョンを考えることに。手首をロックした状態でのび太が箱の中に入り、3分後に爆発する仕掛けから通りぬけフープで脱出する寸法だったのだが――。

 本番直前に肝心の通りぬけフープを紛失。ドラえもんはすぐさま探しに行くも、その間にのび太は誤ってイリュージョンを開始してしまう。

 だが箱の中には先ほどの使えない道具たちが散らばっており、「じゃんけん練習機」が動いた拍子に「けんか手袋」がのび太の手にすっぽり! そのまま自分の顔を殴った衝撃で手錠が壊され、のび太は自由の身に。さらに「ペタンコアイロン」で自身の体をペラペラにして、見事箱から脱出するのだった。

 SNS上でも「役立たずのひみつ道具がここまで活躍するとは…!」などと話題になった今回の物語。まさに“クリスマスの奇跡”といえるだろう。

アニメ『ドラえもん』
原作:藤子・F・不二雄
脚本・制作協力:藤子プロ
出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一 ほか
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/

この記事で紹介した書籍ほか

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

著:
出版社:
小学館
発売日: