大島優子が「キライ」な『悪の教典』の原作者、貴志祐介の怖すぎる傑作

小説・エッセイ

2012/11/26

生命保険会社の営業マンである若槻慎二が、ある日顧客に呼び出されて行ったのは不気味な黒い家。そこで若槻は子供の首吊り死体を発見してしまう。保険金殺人ではないかと疑った若槻は独自で調査をはじめるが、彼が敵にしてしまったものは、常軌を逸した決して接してはいけない類の人間だったのである。現在話題の映画『悪の教典』の原作者、貴... 続きを読む