結婚していてもいなくても、さみしい瞬間はある。そんなすべての“おひとり様”の物語

コミック

2013/1/6

人間、死ぬ時はひとりなのよ。というのが、幼きころからわが母の教えでありました。当時は小学生相手になんてシビアなことを言う母だ、と思いましたが、三十路手前の今、つくづく感じます。人間、誰もがひとりなのだと。結婚していようが彼氏なしだろうが、人はすべからく“おひとり様”の部分をもっている。そんな隙間をつついてくるのが、こ... 続きを読む