ポー読まずして恐怖を語るべからず。「黒猫」「モルグ街の殺人」を含む傑作短編集

小説・エッセイ

2011/9/16

10代のうちにポーの小説に出会えた人は幸せです。 なぜなら、彼の作品にはミステリーのあらゆる原型があり、同時に、恐怖、幻想、冒険、怪奇といった多岐に渡る味わいすらも贅沢に詰め込まれているのですから。 ... 続きを読む