AKB48、木皿泉の作品の強さに日本の、宇野常寛の希望を見た

AKB48

2013/7/11

気鋭の若手評論家によるサブカルチャー評論集。『ダ・ヴィンチ』に2012年5月号から2013年4月号まで連載された批評に、『文藝別冊 総特集 木皿泉』と『ユリイカ』に掲載された「解放の呪文はいかにして唱えられてきたか」が収録されている。 『カーネーション』『ダークナイト・ライジング』そしてエヴァ…著者の時評には常に感心... 続きを読む