すべての女性が知っておいたほうがいい<命の常識>最前線!

ビジネス・社会・経済

2013/7/31

卵子老化の真実

ハード : PC/iPhone/Android 発売元 : 文藝春秋
ジャンル: 購入元:BookLive!
著者名:河合蘭 価格:905円

※最新の価格はストアでご確認ください。

昨年、NHKスペシャルでも取り上げられた「卵子の老化」。高齢になると妊娠しにくくなるのは知られた事実ではあるが、ヒトの卵子は生まれた時に決まっていて、以降はどんどん減ってしまう上、老化もはじまり、受精の確立がどんどん下がっていくという。そうした事実を客観的に提示されてしまって、女たちはたぶん相当ショックを受けたと思う。実際、40代で経産婦の自分も、そうつきつけられると、なんとなく「焦り」を感じてしまったのだから…。

さて、本書はそうしたショッキングな事実に加え、不妊治療や高齢出産の現状についても丹念に取材を重ね、わかりやすくまとめた良著。女として目を背けているわけにはいかない事実だからこそ、しっかりと偏見のない情報を得るのはとても大切なことだと思う。

あとがきに、高齢出産はやめてもらうべきことなのか、励ますべきことなのか、悩んで筆が止まってしまった著者に編集者が「それは読んだ人が人生の中で決めることですよ」と言ったエピソードが紹介されているが、まさにこうした本は、受け止めた人それぞれの人生の中で咀嚼すべきものなのだと思う。

この本にもさまざまなケースの女性たちが紹介されているが、誰が正しくて誰が正しくない、なんてことはない。だって、みんな自分の選んだ人生なのだから。ただひとつ言えるのは、こうした現実を知らないより知っているほうが絶対いい、ということ。実は友達にアドバイスしたくても、相手のおかれている状況次第では傷つけてしまうこともあるデリケートなテーマだからこそ、本というパブリックな存在が、こうして機能してくれることはありがたい


目次より

はじめにより

本文より

グラフや図版、写真などもあってわかりやすい
(C)河合蘭/文藝春秋