芥川賞作家、長嶋有による「文学の言葉」が新鮮で温かい作品

小説・エッセイ

2013/8/18

夕子ちゃんの近道は実は遠回りで、歩いても登っても着けそうにないのだけれど、私はそれが面白くなるための近道な気がして、ああそうか、そうやってずんずんと歩いていけば新しい世界はすぐそこなんだなって、おかしいくらいに感心してしまった。 人生にちょっと疲れた「背景みたいに透明」な主人公の、ほんのすこしのお休みの物語。2007... 続きを読む