美少女サタンと義妹退魔師でハーレム! だけでは終われない物語

ライトノベル

2013/11/10

ひきこもりパンデモニウム

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : KADOKAWA / メディアファクトリー
ジャンル:ライトノベル 購入元:BOOK☆WALKER
著者名:壱日千次 価格:450円

※最新の価格はストアでご確認ください。

ライトノベルのタイトルには、4文字系とかスレタイ系とかありますが、こちら『ひきこもりパンデモニウム』は内容にストレートじゃないかと思います。

名は体を表すといいますが、本作を要約すると「地獄から悪魔の襲来がちっともないので、退魔師としての能力を見せつけるチャンスがなく、痛いやつらとしていじめられて”ひきこもり”になってしまった義妹と暮らす主人公、日高見春太くんの家に、待ちに待った地獄からの訪問者、サタンが来るのだけれど、なんだかんだでサタンも一緒に暮らすはめになって日高見家が”パンデモニウム”に…」という話です。オチは含んでいませんが、ワタクシ程度でもこんなに簡単に要約できるということは、テーマがぶれず、構成がしっかりしていて、文章もよかったということでしょう。

今書いたように、マクロな視点でみても綺麗な作品なのですが、細部を見てもアラがなく、「よく練られているなあ」と感心するばかりなのです。たとえば登場人物ですが、主人公の春太くんはもちろん、義妹の久遠さんや、実家がアダルトショップという設定のクラスメイト、多々良さんなど、みんな妙に下ネタが好きな変態さんぞろいです。当然、彼らの会話は変態チックなボケと突っ込み。最近よく見かけるタイプではありますが、流行を追うばかりでなく、ストッキングの糸の太さにこだわったり、アダルトグッズの商品名に詳しかったり、と全編にわたって変態雑学がちりばめられていて飽きさせません。

またお約束ではありますが、物語後半には日高見家の秘密に春太くんが気づき葛藤するなど、話は大きく盛り上がります。隙がありません。完璧です。ひとつだけ残念な点をあげるなら、あまりに綺麗にまとまりすぎているので、続編が出せるのか心配だということくらいです。


口絵より、登場人物のみなさん

退魔師としての日高見家の様子

待ちに待った悪魔襲来! 春太くんの反応が笑えます

で、一応の闘いの後、サタンさんは居候することに…