『サザエさん』的マンガらしさ、ここにあり!?

公開日:2014/2/1

この美術部には問題がある!(1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル:コミック 購入元:BOOK☆WALKER
著者名:いみぎむる 価格:599円

※最新の価格はストアでご確認ください。

 月杜中学校の美術部。そこにはいつも寝てばかりの部長と、最高の二次元嫁を描き出すことに血道をあげる部員の内巻くん。そして主人公の宇佐美さんと、レアキャラのコレットさんがいます(2巻ではコレットさんも頻繁に出るようになるけど)。この作品、非常にマンガらしいマンガだと思うのですが、それは『サザエさん』的な意味でのマンガらしさであって、少年マンガの王道というのではないです。

 たとえば、同じく美術部を題材にした作品で『つるた部長はいつも寝不足』などがありますが、こちらが「絵のうまい男の子に心惹かれて、コンテストに向けて頑張る」という形をとっているのに対して、本作は「絵はうまいのだけど、萌えキャラしか描かない困った男の子が気になっている」という状況を動かす話ではないのです。

 萌え属性ばかり気にする内巻くん。そんな内巻くんが気になって仕方がない宇佐美さんの奮闘ぶりは、十分萌える場面ばかりなのですが、内巻くんには伝わらない。そういう中学生のほろ苦いともいえる日常を、コミカルに繰り返し描いていきます。そういう意味では、タイトルに美術部とありますが、絵画に詳しくないと楽しめないなどということはありません。仮に手芸部だったとしても成立するマンガです。

 同じ理由で恋愛マンガともいえない。冒頭から宇佐美さんは内巻くんを意識しっぱなしですし、その恋愛感情が原因でドタバタが起きることも多々あるのですが、パンツがみえてしまおうと、ふたりきりになろうと、内巻くんがラブレターをもらってしまっても、美術部員たちの人間関係が動き出すことはないのです。

 よくできている小説は、百文字程度の紹介文だけで物語のおもしろさが伝わるといいますが、こういうタイプのマンガは百文字程度の状況説明だけで、読みたい気持ちにさせてくれますね。


主人公、宇佐美さんと三次元には無関心の内巻くん

そして部長。いつも寝ています…

最高の二次元嫁を語る内巻くんですが、属性ばかり重視しています

いろいろあって、どうやら新しい属性に覚醒したようですね